20代で転職するなら必ずチェックしたい!人気の転職サイト4選!

20代で転職するなら必ずチェックしたい!人気の転職サイト4選!

20代の転職にオススメの転職サイトを紹介しています。公共機関のハローワークの利用から、転職サービスを利用した方法を記載しています。転職する年齢によって注意すべき点や決断するタイミングなどを詳細にしています。どの転職サイトを活用するかによっても転職の成功率や年収が変わってくることでしょう。これから幾つかの転職サイトについて詳しく見ていきましょう。

20代の転職を成功させるためには?

Rear view of a businessman climbing stairs to get to a large city center. Concept of success and appreciation. Double exposure

新卒で入社した後、20代で転職を考える方は多く、新卒入社3年以内で3人に1人の割合の方が転職しています。そのため、20代の早いうちから転職することも珍しくなく、ステップアップなどを目指す時代になってきたと言えるでしょう。

20代でも前半の転職の場合

仕事で成長できる可能性があるため、未経験であっても転職の可能性が十分にあり得ます。そのため、転職先でも自分に合わないと感じるならば、新たにチャレンジすることも可能です。

20代後半の転職の場合

前職と異なる業種の仕事も考えることもできますし、同じ業種のキャリアアップを目指すこともできます。30代になると、異業種の転職が難しくなることが考えられますので、20代後半は決断のチャンスと言えるでしょう。

20代の転職の約50%は、離職した後、1か月未満で転職しており、転職活動を含め、3ヶ月位かかると考えられます。しかし、20代で転職を考えている方は、転職するためにどのような方法が最善なのかについて不安に感じます。そんな20代の転職をサポートしてくれるサイトがあるのをご存知でしょうか。

転職サイトなどをうまく活用することにより、自分の希望に沿った企業と出会え、上手に転職することが可能となります。一人での転職活動は、企業情報の収集や、待遇の交渉などに限界が生じるものです。どの転職サイトを活用するかによっても転職の成功率や年収が変わってくることでしょう。これから幾つかの転職サイトについて詳しく見ていきましょう。

転職サイトとは?

Young man working on his laptop with blank copy space screen for your advertising text message in office, Back view of business man hands busy using laptop at office desk

20代の転職を考えている方の多くは、転職サイトや転職エージェントなどを活用することになります。転職サイトとは、インターネット上にある求人案件から自分で応募するもので、求人情報が集まっています。自分のペースで転職先を探したい方や、転職経験者にオススメです。

転職サイトの中には、リクナビNEXT、マイナビ転職、タウンワークなどがあります。

転職エージェントとは?

Real Estate: Confident Agent With Home Sellers Behind

転職エージェントとは、自分で企業を選ぶ形ではなく、エージェントのキャリアコンサルタントが自分に合った求人情報を紹介し、転職をサポートしてくれるものです。転職エージェントは、それぞれのキャリアと意向に合わせ、自分に適したロボット業界の会社をセレクトしてくれます。

転職エージェントは、人材紹介会社と呼ばれ、無料で登録することができます。また、履歴書や志望動機の応募書類の作成をサポートし、アドバイスしてくれます。さらに、面接日程の調整、採用条件などの取りまとめ、入社日調整など転職活動の一連を無料でサポートしてくれます。

また、転職サイトや求人情報誌に掲載されない「非公開求人」も扱っている転職エージェントが多くあります。転職エージェントの中には、リクルートエージェント、マイナビエージェントなどがあります。転職エージェントは、忙しくて転職活動が難しい方にオススメと言えるでしょう。

転職エージェント機能がある転職サイトとは?

転職エージェント機能がある転職サイトとは、自分で転職したい企業の応募をしますが、応募した後に転職エージェントが相談に乗り、自分に合う企業を紹介してくれるものです。

転職サイトにはどんなところがあるの?

「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している人気の高い転職サイト。人気の大企業だけでなく優良な中小企業の案件も豊富ながら、条件に合った案件を検索しやすい、必須の転職サイト!

リクナビNEXTは、リクルートを母体とする「リクルートキャリア」が運営する社会人向けの転職サイトです。無料登録も簡単に行うことができます。

登録の時間は5分ほどです。ちょっとした空き時間に登録できてしまうので、便利です。登録内容ですが、例えば、氏名、希望条件、経験した職務やスキル、過去の職歴などを登録することになります。リクナビNEXTは、転職希望者の約8割が利用していると言われています。人気の秘密として業界最大級の求人数、そして魅力的なサービス内容を挙げることができます。

リクナビNEXTを運営するリクルートキャリアは、就職情報が掲載された「就職ジャーナル」、新卒採用に関連したリクナビや、人材紹介のリクルートエージェントなど、人材関係のサービスを提供している大きな企業ですので、リクナビNEXTには、小さな転職サイトではかなわないほど充実したサービスが提供されています。

リクナビNEXTでは、例えばWeb上で気軽に読むことができる転職支援コンテンツや、便利な機能が充実しています。掲載求人数は約10,000件、新着や更新の求人は週で考えると毎週1,000件を超えることもあると考えられています。これは、国内の転職サイトの中でもトップクラスに入る数字となっています。

掲載されているバリエーションも、リクナビNEXTの強みです。様々な業種の求人があり、企業の規模もベンチャー企業、中小企業、上場企業もあります。気になる求人を開くと、仕事内容などが詳しく書かれているので便利です。

リクナビNEXTで求人を探す際には、求人を絞り込むができるようになっていますので、とても便利です。掲載求人数が多いサイトですと、たくさんありすぎてかえって見るのが大変になってしまうのではないかと心配されるかもしれませんが、リクナビNEXTは絞込みができるので安心です。例えば、正社員か派遣社員なのかなどの雇用形態、そして希望年収、学歴不問か、離職率が低いか、未経験でも歓迎かなどのこだわりに沿って、絞り込むことができるようになっています。

求人を見ていると、この企業は気になるのだけれど、もう少し時間をかけて検討してみたい、まずは、他の企業の情報も吟味したいと思うような時もあるかもしれません。リクナビNEXTでは、そのような時に役立つ、気になるボタンがあります。この、気になるボタンを活用すれば、情報を保存することができますので便利です。

気に入った求人が見つかったなら、ボタンから簡単に応募することができます。応募後、書類選考の結果は数日から1週間ほどでその企業から届くことになります。もし、事前の断りなくあまりにも書類選考の結果が届くのが遅い場合は、例えば1週間以上届かないような場合には、その企業に問い合わせてみることもできるでしょう。

さらに、リクナビNEXTには、求人検索や会社への応募ができるだけでなく、スカウトサービスという機能も付いています。転職サイトは一般的に自分で仕事を探し、自分から企業に応募して行きますが、このスカウトサービス機能とは、企業から登録した人にスカウトが届くサービスのことです。スカウトサービスを利用するためには、自分の経歴や転職時の希望条件を登録しておきます。企業の担当者がそれを見て、もし興味を持てば、スカウトメールが届くことになります。

リクナビNEXTから届くスカウトメールには、次の2種類があります。はじめにプライベートオファーがあります。これは非公開求人です。スキルや職歴に興味を持った企業から送られてくる個別の面接の案内となります。プライベートオファーを受け取ると、書類選考なしで面接を受けることができます。

次にオープンオファーです。これは公開求人で、企業から求人情報や会社説明会の案内が届きます。案内された求人に応募しますと、そこで、書類選考が行われることになります。いずれにしても、企業の側から興味を持ち、スカウトメールを送付するわけですから、内定の可能性は高いと考えられます。

このスカウトサービスですが、登録内容によっては次々と連絡が届く場合があり得ます。しかし、もちろん自分が望んでいるのと違う職種のスカウトメールが次々と届くこともあり得るわけです。その種のスカウトメールを連日のように確認しなければならないとすれば、期待外れで面倒になってしまうことでしょう。

逆に、自分が希望していた職種のスカウトメールが見事に届くならとても嬉しいですし、中には希望している職種と異なるスカウトメールがたくさん混ざっていても、たくさんの企業からスカウトメールをもらうことにより自信が湧いてくるという場合もあります。

自分が望んでいるのと違う職種のスカウトメールが次々と届いても、それにより新たな自分の可能性について考え、実はその職種が自分に合っていることに気づかされるということもあり得ます。

とりわけ、自分が希望していなかった業種の企業から、プライベートオファーが届いた場合には、真剣に一考してみるのも良いでしょう。なぜなら、そのプライベートオファーは、企業側が職を探している人へ一斉送信で送ったメールではなくて、自分の経歴などに魅力を感じた企業の人事担当者が個別に送信したメッセージだからです。

その企業にとって、自分が必要とされている人材であることの証拠でもあります。自分では真剣に考えたことのない業種であったとしても、考慮してみる価値は十分にあります。自分自身がわかっていなかった可能性や市場価値に気づく機会になるかもしれません。

とりわけ、20代の頃は夢や希望に満ちあふれていますから、実際には自分に合っていない仕事を、夢として追い求めたりして、無理をしてしまうこともあります。無理して合わない業種の世界に飛び込んで、後で、合わないでやめてしまうといった事態も十分に生じ得るのです。このプライベートオファーのシステムは、自分でもわからなかった、場合によってはわかろうとしなかった自分の良さに気づかせてくれるきっかけともなることでしょう。

リクナビNEXTは転職エージェントではなく、転職サイトですので、専属のエージェントが付き、転職のサポートをすることはありません。転職エージェントであれば、リクルートエージェントがあります。お申し込み後にキャリアアドバイザーとの面談を経て、求人の紹介や転職支援サービスが開始されるサイトで、業界の事情に詳しいキャリアアドバイザーが面作対策、そして、応募書類の書き方などのアドバイスを行ってくれます。

こうした転職エージェントを使うと、転職の効率は高まるかもしれませんが、他方、転職サイトの良さは、エージェントが付きませんから、しばられたり、せかされたりすることなく、自らのペースで就職活動を進められるというところにあるのかもしれません。

リクナビNEXTでは記事やコラムも準備されています。充実した内容で、例えば、転職をどうやって進めれば良いかとか、履歴書に「以上」の記入は必要かといった、転職に関する疑問の答えを見つけることができるでしょう。質問に応えるだけで準備した書類の完成度を確認できる「レジュメ完成度診断」というサービスも用意されています。

さらに、リクナビNEXTでは「転職フェア」を開催しています。数多くの企業が参加し、ブースを出展していますので、そこに出席して話に耳を傾けてみることができます。直に採用担当者と話をできれば、サイトの情報だけではわからない企業の情報も入手できるかもしれません。

リクナビNEXTに必要な情報を入力すると、履歴書や職務経歴書をWordの形式でダウンロードすることができます。大手の転職サイトが準備しているフォーマットですから、安心して使用することができます。

そして、リクナビNEXTでは、こうした全てのサービスを無料で利用できるので安心です。

「はたらいく」

はたらいく

地域密着型求人を設けており、中小企業の求人案件を主軸に掲載されている求人サイト。中小企業を目指して就職・転職する人には必須!

はたらいくは、リクルートキャリアが運営している地域密着の転職サイトです。首都圏だけでなく、地域に密着した求人情報が豊富にあり、都道府県別に求人情報が掲載されています。

そのため、地元や田舎暮らしを考えている方にも使い易いでしょう。はたらいくの特徴の一つは、中小企業の求人情報を主軸に掲載されていることです。そのため、大手企業と競わずに求人が欲しい中小企業側と、中小企業に転職したい方との両方のニーズがあることです。はたらいくは、働き方や人間関係を重視したサイトで、正社員や契約社員などだけでなく、色々な職種の求人情報を扱っており、はたらいくにしか載っていない求人情報が93%もあります。

マイナビ転職や、リクナビNEXTも、それぞれのサイトにしか載っていない求人情報がありますが、それを上回る求人情報を持っていると言えるでしょう。はたらいくでは、週2回(月曜日と木曜日)に更新されます。朝7時以降に更新されるため、月曜日と木曜日に求人情報をチェックするならば、新しい求人情報を効率的に見つけることが可能です。

また、はたらいくでは、「らいくサービス」というものがあります。求人ページの「らいくボタン」を押すことにより、「お気に入り」に追加になり、アピールすることが可能です。そのため、「らいくボタン」を押すことによって転職先が決まることもあります。

さらに、らいくサービスには「らいくレジュメ」という機能があります。「らいくレジュメ」を公開したとしても、自分の住所や名前などの情報を企業側は見ることはできませんので、個人情報を知ることはありません。ですから、安心して使用することが可能です。

「らいくレジュメ」を見た企業側が自分に、「らいく」や「らいくメッセージ」を送信することにより、人柄を通して自分にアプローチしてくれることがあるでしょう。そのため、他の転職サイトよりも企業とのマッチングの確率が高くなり、中小企業や地方の企業の採用がし易くなると言えます。

はたらいくに、書類応募などをすると、どれくらいで書類選考結果が来るのでしょうか?地元の企業のケースでは、約1~2週間後に結果が来ると考えられます。大手の企業など、応募数が多いケースでは、求人広告掲載期間が過ぎてから連絡がくることもあるでしょう。

さらに、応募情報欄の選考に、担当者から書類選考通過者には、1週間以内に面接日時を伝える旨、書かれていることがあります。地元や地方の企業がはたらいくは、心から良かったと思える仕事との出会いを応援することがコンセプトで、転職の初心者にはおすすめの転職サイトと言えるでしょう。

「キャリトレ」

キャリトレとは、会員制転職サイトの「ビズリーチ」が運営している、20代におすすめの転職サイトです。その理由は、キャリトレを運営しているビズリーチは、年収は500万円以上の方を対象としているため、キャリトレは若手の方を対象にしているからです。

キャリトレに登録するだけで、人工知能のAIが自分に合った企業を毎日レコメンドしてくれます。そのため、毎日忙しくて転職活動が難しい方にはおすすめの転職サイトと言えるでしょう。

キャリトレの登録情報の入力方法は、簡単にできます。入力項目が多いと登録をためらう方もいますが、スマートフォンで簡単に登録できます。また、登録情報の内容をさらに充実させるならば、企業側から登録情報を検索してスカウトするシステムである、プラチナスカウトがきます。

高学歴な方や、正社員の経験がある方など、登録情報を充実させるほど、企業側の目に留まりやすくなり、プラチナスカウトによって、転職が決まりやすいでしょう。そのため、在籍していた企業の業務内容を詳細に入力したり、特記事項に今までの経験の総括や、今後やりたいことを入力することができます。

さらに、自分に合った求人情報を見つけた場合、「興味がある」を押すと、求人情報を載せている企業側やヘッドハンターにそれが届きます。その後、企業側やヘッドハンターからスカウトが送られたならば、転職のチャンスになるでしょう。

@type

@type

株式会社キャリアデザインセンターによって運営されている転職サイト。スカウトとオファーDMやマッチングサービス、市場価値診断テストなどのツールで転職活動の成功に一役買ってくれる転職サイト!

@typeは、適職診断やスキルアップ向上などのサービスを利用することが可能で、月に100万人が利用している転職サイトです。@typeは、様々な職種の求人を取り扱っており、ホームページは見やすく、安心して利用することが可能です。そのため、20代だけでなく、幅広い年代から信頼されている転職サイトと言えるでしょう。

「ハローワーク」

ハローワーク

www.flickr.com

ハローワークは、正式には公共職業安定所と呼ばれています。厚生労働省が管轄しており、主に職業紹介事業を行っています。就職支援や雇用促進のためのサイトがあります。

民間の職業紹介事業者とは異なり、国によって運営されています。日本全国各地に事業所があり、住んでいる地域の求人案内だけでなく、障害者雇用など色々なサービスを提供してくれます。ハローワークでは、正社員の求人が多いため、より多くの求人を見つけることができるでしょう。

ハローワークは人材を探している企業に対し、仕事を探している求職者を紹介することが主な業務となっており、就職が困難な人たちを支援する役割も担っています。企業からの求人の申し込みをただ待っているだけではなく、新たな求人を見つける活動も行っています。

雇用関係を成立させるために、窓口による相談や求人の紹介だけでなく、面接や履歴書の記載のサポート、職業訓練に関する相談、事業主を対象とした各種助成金の支給に関する手続き、雇用保険の資格の変更等に関する手続き、失業等給付の受給手続きなども行っています。

そして、ハローワークの求人情報は、ハローワークインターネットサービスを利用することによって、オンラインで閲覧や検索をすることが可能となっています。ハローワークを利用する際の流れですが、履歴書を持参します。転職の方の場合には、さらに職務経歴書も持参します。ハローワークカードに記入、そして登録してもらい、求人情報の検索を行います。

ハローワークカードには、例えば、氏名、年齢、性別、生年月日、現住所、家族構成、就職希望地、希望する仕事、希望収入、希望勤務時間、学歴、資格、免許、自動車免許取得の有無などを記入します。ハローワークカードには、自分の情報を企業側に公開するかどうかを選べる項目があります。

公開を選択するなら、企業側が情報閲覧できるようになります。そして、条件がもし合うなら、企業側からスカウトされることもあり得ます。もし、そうした機会をとらえたいと思われるなら、自分の情報を企業側に公開することもできるでしょう。

求人情報検索端末を利用する際には、最初のページで登録番号を入力してから探すようにしましょう。そうすれば、限定公開になっている求人も閲覧することができます。関心のある求人を見つけることができたなら、続いて、窓口担当者に求人に関する相談をします。相談する際には、現在も募集をしているか、また、企業の評判や、どれ位の人が応募しているのかなども窓口担当者に尋ねてみることができるでしょう。

それから、もし企業の面接を受けたいと思う場合には、窓口担当者に面接の取次や紹介状の手配をお願いすることになります。

ハローワークの求人には、多くの優良企業が含まれています。そして、多くの求人があります。ただ、利用する際には次の点を留意しておくことも必要です。掲載されている情報の中には、実際採用を行っていない求人や、ブラック企業の求人が存在する可能性があり得るということです。

ハローワークの掲載には料金がかからないために、中には安心できない求人も掲載させている可能性があります。それで、不安に思う点があれば、窓口担当者にきちんと伝え、不安な点を解消してから面接の取次や紹介状の手配をお願いするようにしてみましょう。

転職サイトにアクセスしてみよう!

20代の早いうちから転職することも珍しくなく、ステップアップなどを目指す時代になってきたと言えます。20代でも前半の転職の場合、仕事で成長できる可能性があるため、未経験であっても転職の可能性は十分にあることでしょう。

幾つかの転職サイトについて紹介することができました。20代の転職を成功させようと思っている皆さん、こうしたサイトにアクセスし、必要な情報を入手することを検討してみましょう。理想の転職を実現できるかもしれません。

しかし、ハローワークはブラック企業の温床になっているので、色々な求人を探せる転職サイトで探すことをオススメします。

転職サイト・転職エージェントおすすめランキング2018【選び方のすべて】

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。今回は転職する際に必ず利用したい2つサービスの特徴や使い方、年代別・分野別などおすすめサービスを一挙に紹介していきます。

https://career-step.fun/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事