20代の転職ってどう?成功する失敗しないコツはこれ!

20代の転職ってどう?成功する失敗しないコツはこれ!

20代というのは転職するには非常に有利とされていますが、それにはタイプが存在して、場合によっては有利でないケースも存在します。今回は20代の転職において、有利になるポイントを整理して、成功確率を上げて、失敗しないようにするコツを解説します!

転職するなら20代のうちが有利とされる訳とは

20代の転職

いまの仕事にやりがいを感じない、待遇や給与に不満がある、人間関係で悩んでいるなど、さまざまな理由で転職を考えている方がいらっしゃるかもしれません。

一般的に、転職適齢期は35歳までが限界とも言われており、もし転職するならなるべく早いうちに行動を起こす方が、採用に有利であると言われています。

その中でも20代というのは転職するには非常に有利とされていますが、それにはいくつかの理由が挙げられます。しかし、20代前半(社会人1年〜3年)の人と、20代後半の人とでは、転職が有利とされる理由も異なってきます。

それで、年代別にそれぞれ理由を取り上げてみたいと思います。

20代前半の転職が有利とされる理由

○理由1第二新卒として扱ってもらえる

第二新卒というのは、特に社会人1年目から3年目までの20代前半の人のことを言います。

すでに社会人としてスタートし始めているので、ビジネスマナーなど新人として教わるべき研修内容も受け終わっています。ということは、企業としては新卒のように一から教育したり、育成するための時間や労力を必要としないメリットがあります。

○理由2柔軟性や吸収力を評価してもらいやすい

社会人としてまだ浅い年齢のうちは、以前の会社の社風ややり方にそこまで染まりきっていないと考えられるので、自社のやり方や社風に柔軟に応じてもらえそうだとか、教育しやすそうだと見てもらうことができます。

○理由3ポテンシャルを重視する企業は多い

20代はまだまだ若いので、エネルギッシュですし、ポテンシャルや可能性に満ちている年代でもあります。やる気にあふれている20代の人は、たとえ未経験の業界や職種であっても。これからの可能性や頑張りを期待してもらえるメリットが強みになります。

20代後半の転職が有利とされる理由

◯理由1すでに社会人としての経験やスキルを持っている

20代後半の人は、ビジネスマナーはもちろんのこと、すでにスキルや実績を積んできているとみなされます。ですから、そうしたスキルや経験を転職先でも発揮してくれて、活躍してもらえることが期待される年代となります。

まだ第二新卒の年齢の人は仕事においては半人前とみなされるかもしれませんが、20代後半の人はそうではありません。一人前として扱ってもらえて、さまざまな仕事を任せられると企業側も判断することでしょう。それでいて、まだまだ若いのでエネルギーややる気に満ちています。

そうした点で、転職にいちばん有利な年代とも言えるかもしれません。

○理由2マネージメント能力を評価してもらえる

マネージメント能力というのは、管理職やリーダーのポストに就いてきた人に求められるスキルです。

20代後半にもなってくると、リーダーとしてグループや部下をまとめたり、指導してきた経験や、大きなプロジェクトを成功させてきた経験を持っている人も増えてくるかもしれません。

そうした経験を持っているなら、その実績をアピールすることで、会社をチームとして引っ張ったり、盛り上げてくれる人材とみなされ、高評価の対象となります。

◯理由3キャリアを生かした仕事に就くことができる

これまでの会社と同じ、あるいは似ている業界の仕事に転職しようと考えているならば、これまでのキャリアが強みになってくるでしょう。そのキャリアを評価してもらえるので、収入アップや待遇面でのこちらの条件にもある程度応えようという姿勢を見せてくれる企業もあるかもしれません。

たとえ異業種や、未経験の業界にチャレンジしようと思う場合であっても、すでにその人が持っているキャリアを活かした発想の転換や、新しい考え方を企業側が求める場合もあるので、転職には有利に働いていきます。

20代の転職がデメリットになる要因も考えておくべき

転職するには最適な年代と言われる20代ではありますが、デメリットになる理由も知っておくことは大切です。それを踏まえた上で、どのように企業にアピールできるかを、前もって考えておく必要があります。

デメリット要因も、20代前半と後半では理由もまた違ってきます。まず20代前半の人の場合を取り上げてみたいと思います。

20代前半の転職が不利になる要因とその対策とは

○経験がない

何といっても社会人1 ,2年では経験があまりになさ過ぎてしまいます。確かにポテンシャルや可能性を見てもらえる年齢とはいえ、経験やスキルがないので、中途採用者が書く「職務経歴書」に書けるアピールポイントがない、というデメリットがあります。

ですから、どんなに小さなことでも良いので、自分が身に着けたスキルを積極的にアピールしていくようにしましょう。また、転職先での仕事への意欲を見せることもポイントになります。

「これからどんな仕事をしていきたいのか」「どうなっていきたいのか」を明確に分析し、ハッキリさせることで採用担当者に納得してもらったり、良い評価を受けやすくなるでしょう。

また、1年か2年そこらですぐに転職するよりも、3年はその職場でがんばって、スキルや経験を積んでから他の会社への転職を考える、というのも手かもしれません。

○なぜ以前の会社をやめるのか疑われやすい

1,2年で辞めたとなると、転職先の企業や会社からは「なぜこんなにすぐに辞めたのだろう」と疑いの目で見られます。

「人間関係に問題がある人なんだろうか」、「ちょっとでも嫌なことがあったらうちの会社もすぐに辞めてしまうのではないか」と思ってしまわれやすい、ということです。

もちろん、残業があまりに多すぎたなど、待遇面での不満があったなら、率直に伝えることも大切です。自分が求める条件をあやふやにしたままでは、次の会社でも同じような問題が起きてしまう場合もあるからです。

書類を書く際や、面接の時には「なぜ転職を考えているのか」をはっきりと伝えるようにしましょう。理由があやふやだったり、何となく…では納得してもらえません。仕事への熱意や意欲が伝わるような仕方で、転職理由も明確にしておくのは良いことです。

20代後半の転職が不利になる要因とその対策とは

○実績がないと難しい

先ほど取り上げたように、20代後半ともなってくると、それなりにスキルや経験を会社側も期待します。

何も経験や実績がなく、マネージメントしてきた実績やスキルもないと、「この人は大丈夫だろうか」と思われても仕方がありません。20代後半で何もないと、ちょっと難しいと言えるでしょう。

特に未経験の職種や業界に転職したいという場合には、アピールポイントとなるようなスキルや経験を持っているなら、採用にも有利に働いていくと言えます。

20代の転職を成功させるためのポイントとは

では実際に、20代で転職しようと思う場合、どんなポイントを押さえておくと、転職が成功する確率を少しでも上げることができるでしょうか。役立ついくつかのポイントを押さえておきましょう。

これから5つの成功に役立つポイントを取り上げてみたいと思います。

1.転職する理由や目的を明確にしておくこと

2.転職を希望する会社の社風や環境を事前にチェックしておくこと

3.自己分析をして、自分をよく知ること

4.いまの仕事を続けながら転職活動をする

5.転職エージェントを活用すること

では一つ一つ見ていきましょう。

ポイント1 転職する理由や目的を明確にしておく

20代というのは、可能性や希望に満ちています。これからどんな人生を歩んでいきたいか、どんなやりがいのある仕事を目指していきたいか、20代であれば欲張ってあれこれと考えるでしょうし、思い立ったらすぐに行動して新たな世界に踏み込んでいけるのも20代のうちでしょう。

しかし、いま自分がなぜ転職したいのか、これからどうしていきたいのか、転職したい理由を明確に考えておくことは大切です。

「何となくこんな仕事もしてみたい」とか「今の仕事がつまらなくなった」というような理由だけで転職しようとするなら、うまくいかない場合も出てきます。せっかく転職できても、結局また次のところでも長続きせずに、後悔ばかりのこってしまう事にもなりかねません。

今の職場でもう少し頑張ってみることのメリットも踏まえて、ほんとうに転職することが自分のためになるのかをじっくり考えてみましょう。

「どうしても○○の業界でチャレンジしてみたい」とか「あきらめられない仕事があって、やっぱりトライしたい」、「もっとやりがいのある仕事に挑戦してみたい」など、自分に合った職への挑戦や、キャリアアップを目指したいことが理由でしょうか。

「年収や収入アップがさらに見込める会社に行きたい」とか、「労働時間や待遇の改善」、「職場の人間関係が嫌になった」ことを転職の理由として挙げる人もいることでしょう。

転職したいと思う理由や動機は人によってそれぞれ異なると思いますが、大切なのはすべてを欲張って叶えようとしないことです。

「キャリアアップ」「やりがい」「待遇」「収入アップ」「社内の人間関係」など、すべてを満たしてくれる会社や企業を探すことはまず難しいです。

すべてを欲張ろうとすると、それだけ転職にかかる時間やエネルギーを無駄に費やしてしまう事にもなりかねません。転職しなければよかった、と後悔だけが残ってしまう事もあり得るのです。

転職したい優先順位を明確にし、ほんとうに自分が求める条件を明確にしぼって、見きわめておくことが大切になっていきます。

ポイント2 転職を希望する会社の社風や環境を事前にチェックしておく

これまでに働いていた職場とは、まったく社風や環境が違い過ぎて馴染めなかったという失敗パターンもあります。

もちろん、それぞれの会社や企業によって、社風やモットーとすることは違いますし、働いている人も違います。

仕事の内容や待遇面では満足なのだけれど、人間関係があまりに良くないといった理由で転職を後悔しないためにも、事前に希望する転職先の社風や環境をチェックしておきましょう。

そのために役立つのが、口コミサイトです。口コミサイトを利用すれば、働きたいと希望している企業や会社の実態や評価を知ることができます。

いま実際にその会社で働いている人や、以前に働いていた人が載せている情報なので、リアルな評価や実態を聞くことができます。その会社の評判や社風、人間関係なども分かりますし、自分のスキルや経験を活かせるところかどうかをチェックすることもできます。

6.##ポイントその㈫自己分析をして、自分をよく知る

20代はこれまでとは違う職種や業界でも、どんどんチャレンジできますし、年齢で採用してもらいやすいので、比較的どんな職業でも選びやすいです。

でも、自分をよく分析して知っておかないと、チャレンジした業界がやっぱり合わなかったとか、やりたいこととは違ったなんてことにもなりかねません。

今まで自分がしてきたことについて振り返り、次の転職先で長所をどのように活かせるかをまず考えてみましょう。そして、「いま何をしたいのか」「何ができるのか」について考えます。

自分の得意とする分野や、身に着いているスキルや能力を分析することで、どんな企業や業界が自分に向いているかを見きわめることもできます。やりたいこともたくさんあるとは思いますが、まずいまの自分に向き合ってみましょう。

ポイント3 いまの仕事を続けながら転職活動をする

先に仕事を辞めてから転職活動をしたほうが、気持ちを落ち着けてゆっくりと探せると思うかもしれませんが、ほとんどの人はいまの仕事を続けながら転職を進めています。

20代は仕事が決まりやすいとはいえ、すぐに条件に合うところが見つかるか、採用が決まるかは不透明です。でもその間にも、衣食住など生活にかかる費用はどんどんかかっていきます。家族を持っていればなおさらです。

なかなか決まらないと、焦りも感じてくることでしょう。そのように金銭的にも、精神的にも余裕が無くなると、転職先を妥協して決めてしまう可能性があります。自分の求める条件に見合っていないところで手を打ってしまうことになりかねません。

余裕のある転職活動を行なうためにも、いまの仕事は続けながら行なうことをおすすめしたいと思います。

ポイント4 転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用することにはさまざまなメリットがあります。

まず、エージェントに在籍しているコンサルタントが、プロの視点からどんな企業や会社があなたのニーズに合っているのかを、客観的に判断して探してくれます。

どんな職が良いか相談に乗ってくれたり、転職のノウハウから、転職がスムーズにいくように一連の流れまですべて教えてくれて、サポートしてくれます。雇用側と条件の交渉なども代わりにやってくれます。

さらには、履歴書や職務経歴書が採用担当者の目に留まりやすいように、書類の上手な書き方も教えてくれます。面接が決定したなら、面接日の調整や、面接の準備なども手伝ってくれたりします。

内定が決まってからも、入社するまでの準備や書類の手続きまで、最後までしっかりとサポートしてくれるのです。

20代におススメの転職エージェントとは

どのエージェントを選ぶかは、転職に成功できるかどうかに大きく影響する大切なポイントとなります。

なぜかというと、エージェントによって、得意とする分野や業界なども違ってくるからです。新卒や第二新卒など、若手の年代の就職に強いエージェントもあります。

ですから、20代の人向けや、未経験の人にもきちんと対応できる、サポート力の強さに定評があるエージェントを選んで利用するようにしていきましょう。

これから20代の方におすすめできる、転職エージェントをいくつかご紹介したいと思います。

ハタラクティブ

この会社は特に、第二新卒や既卒など、20代の若手層をターゲットとしたエージェント会社です。正社員が未経験だという若い人たちもぜひ利用しましょう。

この会社のおすすめポイントは、書類審査の通過率が91,4パーセント、実際に内定まで至った率が80,4パーセントと、成功まで導いた実績が非常に高いところにあります。

パソナキャリア

この会社は、キャリアやスキル、経験に関わらず、どんな人でも手厚くサポートしてくれると定評があります。「利益よりも社会貢献」をモットーとしている会社です。

ですから、年齢ゆえに経験が少ないとしても断ったり、不十分なサポートしかしない、ということはありません。

未経験の職種や業界にチャレンジしてみたいという人にも、さらにはこれまで正社員としての経験がないという人にも対応してくれる、利用した人の満足率が非常に高い会社です。女性へのサポート力も高いと評判があります。

DODA

DODAは求人数が非常に多いこと、そして転職成功率が高いことで知られています。サポート力やその質の高さも好評です。特に、転職の経験がほとんどない、転職初心者向けにおススメしたい会社です。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事