26歳は転職適齢期?自分にあった適職を再考する!

26歳は転職適齢期?自分にあった適職を再考する!

一昔前までは転職など考えられませんでしたが、今では当たり前のこととなっています。もはや転職をすることで実績や経験を積むことができるので、転職経験がない人よりもある人材を企業は求めています。

目次

最初の転職は26歳?!

26歳の転職

一昔前までは転職など考えられませんでしたが、今では当たり前のこととなっています。もはや転職をすることで実績や経験を積むことができるので、転職経験がない人よりもある人材を企業は求めています。そんな現在の転職市場おいて、人生最初の転職は何歳頃が一般的なのでしょうか?ある調査によると、最初の転職は、20代後半から30代にかけての転職者がとても多く、それを平均すると28歳前後というデータ結果があります。つまり、多くの方が26歳頃から少しづつ、転職について考え始めているということです。

転職市場からみる26歳の位置づけとは?

では、20代後半に差し掛かった26歳という年齢は、転職市場ではどのような位置づけで見られるのでしょうか?26歳は高卒であるなら社会人経験が8年、大卒であるなら4年の経験を積んでいるので、基本的な経験は十分とみられます。ただ、企業によっては大卒の場合、社会人経験が少し不足していると思われてしまう場合もあります。求人募集には経験3年以上と記載されていても、実際のとこともう少し経験年数が欲しいと考えている企業はあります。しかし、一般的には26歳という年齢での転職にデメリットはほとんどありません。採用する企業側にとっても、ある程度の社会人経験があり、なおかつ年齢が低いという人材は欲しいものです。なので、はじめて転職をする場合でも、全く問題はないでしょう。しかし、26歳だと、第二新卒としての転職はできないので、第二新卒限定と記載されている求人には応募することはできないので注意しましょう。ちなみに第二新卒とは、入社3年目以内の方が対象となっています。つまり、大卒でおおよそ24歳頃までとなっています。26歳という年代は、十分に調べて研修をし、入社した会社であっても、実際に入社してみると思っていた印象となったく異なっていたということがよくあります。そのため、将来の人生設計を考えた時、会社に対する不安を覚えるのがちょうど26歳頃と言われています。では、26歳という年代は、どのような仕事観を持っているのでしょうか?

26歳が考える仕事観と人生設計

近年では若者の晩婚がが進んでいます。そのため、厚生労働省のデータによると平均初婚年齢が男性30歳、女性29歳となっています。結婚に至るまでおおよそ2年から3年の交際期間があると言われていいるので、結婚を意識した交際が始まるのが、ちょうど26歳前後となります。一方、仕事面での26歳とは、小規模なチームを任せられたり、プロジェクトのリーダーとして抜擢されたりなどと責任が少しづつ増えてくる年齢でもあります。そのため、将来的なキャリアプランを意識し始める時期とも言えるでしょう。それに加え、同期の間でも少しづつ差がついてくるのもこの時期からです。また、初めての人事異動を経験するかもしれません。部署や勤務地が変わることで、自分の将来について見つめなおす機会となることでしょう。このように26歳という年齢は、プライベートでも仕事でも大きな変化が伴う時期です。特に男性にとっては、結婚を意識することと同時に、年収についても考え将来設計を立てなければいけません。そのため、26歳で転職を考える方も少なくありません。

企業が26歳に求めていることとは?

一般的に多くの企業は、高卒や大卒などの新卒の学生に対して経験やスキルなどは求めておらず、仕事への熱意や意欲などのやる気を期待しています。では、ある程度の社会人経験がある26歳には何を求めているのでしょうか?仕事への熱意や意欲はもちろん、社会人としての基本的なスキルや、その仕事で役立てることができる特定の能力などを求めています。そして、企業によっては、すぐにでも即戦力となるスキルや経験を求めている場合もあります。26歳という年齢は、これからの将来性も期待される年齢ですが、企業側には自分がどのようなスキルや能力を持っているかを積極的にアピールすることが必要となってきます。

26歳の転職理由とは?

上記で見たようにプライベートと仕事で大きな転機を迎えている26歳は、将来設計を立てた時に転職を考える方も少なくありません。それに加え、どのような理由で転職をするのでしょうか?すでに社会人経験を積んでいる26歳は、仕事のノウハウを身につけて後輩を指導する立場として活躍しているかもしれません。しかし、第一志望ではない企業になんとなく就職してしまい、思うような仕事をすることができていないという方もいます。また、仕事を続けているうちに、自分がやりたい仕事や方向性を見つけた方、友達との年収を比較した時の差を感じ、年収アップ目的で転職をしたくなった方など、それぞれ異なる理由をもっています。どのような理由にせよ、転職活動を始める前には、自分が今の職場を変えたいと思っている理由をしっかり考えることで、明確な目的をもった転職活動を行うことができます。

26歳で未経験分野の業界や職種の転職に成功するには?

未経験者採用と経験者採用のどちらの職種も転職が可能なのが26歳です。転職を考え始めている方の中には、今まで経験したことがない職種や業界に挑戦してみたい!という方もいることでしょう。新卒と比較するなら、未経験者を採用する正社員求人や職種は若干減りますが、まだ26歳という若さがあるなら、キャリアチェンジに挑戦する価値は十分あります。では、ここで未経験分野の業界や転職に成功させるための注意点を見てみましょう。

1、未経験分野の業界や職種へのチャレンジは1度だけという覚悟で臨むこと。

高卒や大卒などの新卒での就職時に、就職活動が思うようにいかずなんとなく就職してしまった方や、希望通りの配属先に就くことができなかった方など、自分が本当にしたい仕事に就くことが出来なかった方はたくさんいます。ですから、職種を変えるということは全く問題ありません。まだ26歳という若さなら、新しい業界や職種にチャレンジする価値はあります。しかし、職種を変えることはその1度だけをいう覚悟をもち、転職に臨むことは大切です。なぜなら、もし2回目以降の転職でも職種を変えるなら、飽きっぽい人、キャリアに一貫性がない人、辞め癖がある人、忍耐力がない人などとマイナスイメージを与え、転職に不利になるからです。なので、転職を考えているなら、今一度自分が何をしたいのかじっくり考え、焦らずに自分が本当にしたいことを見つけるようにしましょう。

2、たとえ未経験分野の業界や職種への転職でも今までの実績は重要ポイントとなる。

たとえ未経験分野の業界や職種への転職を希望しているとしても、今まで会社で経験してきた実績はとても重要ポイントとなってきます。全く関係がないスキルであったとしても、仕事の取り組み方や進め方などが共通点が多いものです。ですから、自分がすでに身につけている知識スキルを上手にアピールすることは大切です。

3、新たな分野の業界や職種をしっかり分析すること。

未経験分野の業界や職種は、それぞれ難易度が異なっているため、事前にしっかりリサーチをし、分析する必要があります。どの業界に転職するとしても、未経験者としてチャレンジするためには事前の準備を欠かすことはできません。ですから、業界や職種についての研究はもちろん、どのような能力が求められており、自分にはその適正能力があるかどうかを自己分析してみましょう。いざ転職してみたら、思っていたのと違う・・ということが絶対にないよう注意する必要があります。また、転職活動中に、採用に有利となる資格を取得することができるかもしれません。そうすることで自分に自信を持つことができ、転職にも有利となることでしょう。

26歳で経験者採用の転職に成功するには?

26歳で経験者採用で転職をする際には、どのような点に注意することができるでしょうか?転職を成功させる秘訣とは何でしょうか?

1、今までの経験や実績、スキルをアピールすること。

企業側が経験者採用に求めていることは、入社後すぐに即戦力として働くことができることです。ですから、自分が今まで積んできた経験や実績、スキルなどを上手にアピールすることが必要です。その際には、企業側にとって自分がどのように役立つか、どのように活躍することができるかを具体的にアピールすることで好印象を与えることができるでしょう。

2、熱意と意欲、そして若さをアピールすること。

経験や実績、スキルだけをアピールするなら、もっと年齢が高くてさらに経験数を積んでいる人から採用されてしまうことでしょう。なので、26歳という若さをアピールすることができます。その際には、熱意と意欲のアピールも忘れてはいけません。数多くいる求職者から選んでもらうためには、多少の経験や実績が劣っていても、若さとやる気があるなら有利に運ぶことは可能です。

3、年収アップの可能性を持つこと。

一番転職しやすい年齢26歳は、年収アップも十分に期待することができます。転職は年齢が高くなればなるほど、回数を重ねれば重ねるほど不利になってきます。なので、26歳という若さの転職を妥協して終わらせてしまうことがないようにしましょう。つまり、自分が満足することができる転職をすることが大切です。

転職を成功させるには?

26歳という若さを武器として未経験分野の業界や職種への転職をするか、それとも、今までの経験を活かして同業種へのキャリアアップをするか、もしくは、今の会社をこのまま続けてキャリアを積んでいくのがよいのかなど、選択肢が多くあるので転職を考えている方は大いに悩まれていることでしょう。そのためにも、転職を考え始めたのなら、まずおおまかなキャリアプランを転職活動までに決める必要があります。それには自分は転職をすべきなのか?今の会社に残り、キャリアアップを目指すべきか?職種や業界は変えるべきか?どの企業を選ぶべきか?などをひとつづつ自分で決めていかなければいけません。しかし、自分一人では結論を出すことを難しく感じている方も少なくありません。そこで、自分のことを客観的にみてくれる相談相手を作ることができるでしょう。では、転職を成功させるための方法を具体的にみてみましょう。

1、相談相手を見つけること。

自分の将来がかかっている転職に、的確なアドバイスをしてくれる相談相手を見つけることは大切です。しかし、相談相手はだれでもいいわけではありません。相談相手に望ましい人の条件は、転職について詳しいこと、また、自分が目指している職種や業界について詳しいことという2つの要素を満たす人を相談相手として見つけることができます。可能なら1人ではなく、少なくとも2人〜3人に相談することで、偏った見方ではなく、客観的なアドバイスを得ることができるでしょう。では、このような条件を満たす人が自分の周りにはいない方はどうしたらよいでしょうか?そのような方は、転職エージェントを利用することができます。

2、転職エージェントを利用すること。

転職エージェントは、完全無料で利用することができる、転職を考えている方のためのサービスです。すでに多くの方がこのサービスを利用し、転職のプロに相談することで転職を成功させています。転職エージェントは、求人サイトとは全く異なるもので、登録することで担当者がつきます。その担当者に相談しながら転職先を一緒に決めることができます。しかし、転職エージェントには、さまざまなものがあります。なので、26歳を最大の武器として特化している転職エージェントを利用するなら、26歳向けの求人も豊富にありますし、すでに転職を成功させてきた実績もあるので、転職の成功を期待することができるでしょう。

転職エージェントのサポートとは?

転職エージェントは、自分の担当者が身近な相談相手となり、転職に関するさまざまなアドバイスを与えてくれます。在職中に転職活動をしているなら、今の仕事とプライベートを両立させながら、転職活動もすることができるようにさまざまなサポートをしてくれます。そのため、転職先が決まるなら、転職活動で面倒と思われる手続きを全て無料で自分の代わりに行ってくれます。それには求人探し、求人の応募手続き、履歴書や職務経歴書の作成や転職、面接の日程調整、配属先の交渉、給与・年収の交渉、雇用契約書の確認、入社の手続きなどが含まれます。つまり、本番の面接以外では、企業と直接やりとりをすることはほとんどありません。なので、転職の相談をはじめとし、手続きで代理をしてくれる転職エージェントは、転職をサポートしてくれる味方と言えるでしょう。

26歳におススメの転職エージェント

転職をしっかりサポートしてくれる転職エージェントには数多くの種類があります。なので、その中から自分に合った転職エージェントを見つけることが転職の成功にかかってきます。なぜなら、転職エージェントによっては、登録しても相談にのってくれなかったり、自分が希望する転職先を見つけてくれない場合があるからです。では、ここでおススメの転職エージェントをいくつかご紹介しましょう。

・「DODA」

手厚いサポートが好評のDODAは、転職を悩んでいる状態でも相談に応じてくれます。業界トップクラスの総合転職エージェントなので安心して利用することができるでしょう。また、人気のある大手企業などの求人も豊富に揃っています。

・「マイナビエージェント」

ほぼ人気の企業が新卒採用の際には、マイナビエージェントを利用しているため、20代の転職に向いているエージェントです。ここでしか募集していない人気の求人も豊富にあるので、26歳以上の転職希望者は登録することができるでしょう。

・「リクルートエージェント」

大手転職エージェントであるリクルートエージェントは、案件数が多いことで知られています。優秀なコンサルタントが多くいますので、自分との相性が良ければ転職を成功させることができるでしょう。

リクルートエージェントの評判チェック!利用した口コミも!

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで転職や就職業界最大手のリクルートグループ・リクルートキャリアが運営しています。最大手のリクルートエージェントの特徴や実際利用した方の評判をチェックしよう!

https://career-step.fun/%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%82%EF%BC%81

・「パソナキャリア」

パソナキャリアは特にキャリアコンサルタントに力を入れているエージェントです。自分のキャリアに自信がない方はパソナキャリアに相談することで、安心して対応してもらえます。

・「就職Shop」

リクルートが運営しているエージェント・就職Shopは、正社員が未経験の方でも転職することができる実績を数多くもっています。書類選考無しで面接をすることができる企業案件を多く持っているという特徴があります。個別相談もしっかりしてくれるので、安心して登録することとができます。

転職エージェントがひとつではなく、2〜3社複数登録することで多くの情報を収集することができます。転職を考えているなら、今すぐ複数の転職エージェントを登録してみるのはどうでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事