30代の転職ってどう?成功する失敗しないコツはこれ!

30代の転職ってどう?成功する失敗しないコツはこれ!

一般的に転職するなら、30代前半までが適齢期で、35歳までが限界と言われています。実はそんな単純な判断基準ではなく、有利不利が分かれる業種や職種があり、求められる能力が変わってくるのがその実態です。今回は30代で転職するために必要な知識をまとめました。

30代で転職を考える理由として挙げられること

30代の転職

一般的に転職するなら、30代前半までが適齢期で、35歳までが限界とも言われています。それ以上年齢が上がってしまうと、転職できるかどうかのハードルはかなり上がってしまいます。

それで、30代とはいっても、後半になるにつれて成功する確率はどんどん低くなっていってしまうので、転職を考えているならば、なるべく早いうちに行動を起こすのが良いと思われます。

では30代になって、これまでの仕事を辞めて、新たな転職先を考えようとする理由にはどんなものがあるのでしょうか。30代の人に行なったアンケートの結果を取り上げてみたいと思います。

<退職しようと思った理由>

第1位:いま勤めている会社の将来性への不安

第2位:ほかにやりたいことを見つけた

第3位:いまの給与や年収への不満

第4位:専門技術や、知識をさらに身に着けたい

第5位:残業が多い、休みが少ない

このように見てみると、30代になってくると会社の実態が見えてきたり、待遇に不満を感じるなどして、転職を決意しようとしたことが見えてきます。

30代というのは、人間性も身に着いてきたり、社会人としての経験やスキルも増えて、脂の乗った良い年代だと感じますが、では30代で転職することにはどんなメリットがあるでしょうか。

さらに、デメリットがあることについても考えておくのは良いことです。

30代で転職するメリットとは

30代というのは、職場ではちょうど中堅の立場になる頃です。社会人になってから10年近く経ちますから、それなりにベテランの立ち位置になってきている人が多いでしょう。

もしかすると、何らかの役職やポジションを得ていたり、リーダーとしてまとめるのを任されている人もいるかもしれません。

20代と比較してみると、確かに20代のうちはエネルギッシュですし、ポテンシャルや可能性、やる気も満ち溢れているので、企業側もそうしたところを見て評価するかもしれません。

しかし、30代になってくると、これまでに培ってきた社会人としての経験やスキル、実績など専門性を見られて、それが評価の対象となります。

企業側としても、30代のスキルや経験を持ち合わせている人のほうが、会社のためにどのように貢献してくれるかが見えやすいので、採用したいと思ってもらえる確率は高くなります。

では、具体的に企業側が30代の中途採用者に求めるものには、どんなことが挙げられるでしょうか。

企業が30代に求める2つのこと

おもに2つに分けて考えることができます。

○その㈰即戦力になれること

一から仕事のノウハウをすべて教えなければいけない新卒や20代とは違い、30代の中途採用者は、社会人としてのマナーやコミュニケーション能力、専門的な仕事のスキルをすでに身に着けていて、経験がある人が多いと思われます。

ですから、企業としては、即戦力として働いてくれるに違いない、とみなすのです。

たとえ未経験の業界や職種へのチャレンジだったとしても、その人がいま持っているキャリアやスキルを活かした発想の転換や、新しい考え方を企業側が求める場合もあるので、絶対に無理だとあきらめる必要はありません。

履歴書や職務経歴書などを書く際や面接の際には、自分の持つスキルや実務経験をいかに活かして、会社の即戦力になれるかを積極的にアピールしましょう。

「未経験なので、この会社で新しいスキルを身に着けられたらいいなと思っています」と言う人と、「この業界は未経験なのですが、これまでにこんな実績があり、こんなスキルをここで役立てられると思います」と述べる人では、どちらを企業は採用したいと思うでしょうか。

やはり、後者の方がすぐに即戦力になりそうだと判断してもらえるに違いありません。それで、企業が求める即戦力になれるかを考えてみるのは良いことです。

○その㈪マネージメント能力に優れているか

30代になってくると、自身のスキルや経験に加えて、マネージメント能力も評価の対象となります。

マネージメント能力というのは、管理職やリーダーのポストに就いてきた人に求められるスキルです。

30代にもなってくると、リーダーとしてグループをまとめたり、部下を指導してきた経験を摘んできたかもしれません。また、大きなプロジェクトを成功させてきた経験を持つ人もいることでしょう。

そうした実績をアピールすることで、会社をチームとして引っ張ったり、盛り上げてくれる人材とみなされ、採用の基準としては高評価の対象となるに違いありません。

30代の転職のデメリットとは

では次に、30代で転職することのデメリットも考えておきましょう。

まず、年齢のハンデや柔軟性を挙げることができます。企業としてはやはり、長い期間勤め上げてくれる人材を求めます。それに30代にもなると、以前の会社の社風が染みついてしまっていて、前のやり方にこだわったり固執するのでは?と雇用側も考えてしまいます。

そうなると、もし20代と30代の人が採用の候補に挙がっていた場合、スキルがさほど変わらないなら、当然企業としては20代の若い人の方が良いとみなす可能性があります。

また、もし未経験の職種や業界での採用には時間がかかるか、難しくなる確率が高くなります。実際に、30代で未経験の職種や業界への転職を考えた人の、実に7割が「かなり難しい」「やや難しい」と答えました。

それはやはり、即戦力にはならないということが理由となるに違いありません。また、異業界の場合、これまでと同じ収入や報酬は与えられないので、企業側も30代を採用することには躊躇することもあるでしょう。

これまで働いてきたところでは、それなりのポストや役職に就いていたり、収入があったとしても、転職先では年収や待遇が初任給まで下がる場合や、新人と同じ扱いをされることも覚悟しておかなければいけません。

また女性の方であれば、30代の転職はさらに不利になる事が予想されます。

30代は、ちょうど妊娠や出産を経験する年代でもあるので、雇ってもすぐにやめてしまうのではないか、産休や育休、子どもの状況で仕事を休まれることが多いのではないかと思われて、なかなか採用してもらえない、ということも考えられます。

30代で転職する場合におすすめの職種や業種とは

こう考えてみると、未経験の職種や業界にチャレンジするのは、よほど自信があるか、引き抜きなどにより自分にメリットがある場合でないと、かなりリスクが高いことが分かります。

30代ともなると、それなりに年収もあがってくる年代でもあります。結婚をし、子どもが生まれ、持ち家を建てるのも30代の人に多いでしょう。

年収を絶対に下げたくないならば、同じ業種で探すのが賢明です。たとえ業種がまったく違うとしても、職種は変えないなどするなら、大幅に収入が下がってしまう事は避けられます。

30代の転職を成功させるポイントとは

では、転職を実際に行動に起こす前に、どんな準備をしておくと良いでしょうか。

30代という大事な時期での転職ですし、せっかくやりたい仕事を求めて転職したのに、やっぱり失敗だった…とか、前の会社にとどまっていればよかった…なんて後悔しないためにも、いくつかポイントを押さえておくのは良いことです。

これから転職に役立つ5つのポイントを取り上げてみたいと思います。

1.転職する理由や目的を明確にしておく

2.転職を希望する会社の社風や環境を事前にチェックしておく

3.自己分析をして、自分をよく知る

4.いまの仕事を続けながら、転職活動をする

5.転職エージェントに相談する

ポイント1 転職したい理由や目的を明確にする

これまで積んできた経験や実績をふいにして、またゼロから出発しようと思うわけですから、「何となくこんな仕事もしてみたかった」とか「楽しそうだと思った」というような軽い気持ちで、転職することにはかなりのリスクが伴います。

転職することが、ほんとうに自分にとってメリットになるのかどうか、いまの会社にとどまって頑張る方が良いのではないかということも含めて、転職の目的や理由をはっきりさせておくのは良いことです。

転職したい理由は人によってそれぞれ違うと思います。

「どうしても違う業界でチャレンジしてみたい」「やりたかったことをあきらめきれない」という気持ちや、「やりがいのある仕事をしたい」という気持ちが強いのが理由かもしれません。

いまの会社の労働時間や収入への不満であったり、人間関係に問題があって、そのことが転職の理由となる人もいますし、さらなるキャリアアップが動機となる人もいると思います。

いずれの場合でも大切なことは、全部を手に入れられることを期待しないということです。を求めようとしないことです。これらすべてが叶う会社や企業を探すことは、まず不可能に等しいでしょう。全部を求めようとしても、それだけ転職にかかる時間やエネルギーを無駄に費やしてしまう事にもなりかねません。

自分が求める優先順位をよく見きわめて、明確にすることが、転職を成功させるためには大切です。

ポイント2 転職を希望する会社の社風や環境を前もってチェックしておく

どんなに自分が希望する業界や職種の会社や企業に転職できたとしても、その職場の社風や環境に馴染めない、という場合もあり得ます。

どんな人たちが働いているのか、会社の評判はどうかというのは、実際にそこで働いてみないと分からない部分が多いです。だからといって、就職してから分かっても遅すぎますよね。

その時に役立つのが、企業や会社の評判や業績、売り上げなど細かなところまで知ることのできる、口コミサイトの活用です。

この口コミサイトのメリットは、いま実際にその会社で働いている人のリアルな声であったり、その会社を辞めた人がなぜ辞めたのか、理由を知ることができるという点です。自分が働きたい職場が、どのような環境なのかを前もって知ることができるので、安心して志望することができますね。

ポイント3 自己分析をして、自分をよく知る

30代の時期は、社会人としてもちょうど中堅の頃で、これまでに積んできた実績もあり、これからの未来像をつかみやすい時でもあります。

ということは、転職する前に自己分析をして、自分の長所や短所などをよく知っておくことも大切な時期であると言えます。

まずできることは、過去を振り返ることです。

自身の積んできたキャリアやスキルを改めて思い返し、そうした業績や実績で会社にどのように貢献できたかを分析しましょう。そうすることで、次の転職先で自分を活かせる分野を、積極的にアピールすることができます。

次にできることは、いまの自分を見きわめることです。

「いま何をしたいのか」「何ができるのか」を分析します。身に着けた専門的なスキルや能力を元に、いまどのように活かせるかを考えるのです。たとえばそうしたスキルや能力には、コミュニケーション能力や、人をまとめるマネージメント能力もアピールのポイントとなります。

そうした分析をすることで、年齢のことで弱気になったり気後れせずに、自信を持って自分の強みをアピールできるようになります。

最後にできることは、将来を見据えることです。

30代の場合、この未来の自分を見据えておくことは、特に大切です。社会人としてキャリアを積めるかどうかはもちろんのこと、家庭を持つ時期でもありますから、プライベートも充実する将来になるかどうかに関わってくるからです。

転職した先で「今後どうしていきたいのか」もよく考えて、分析しておくのは良いことです。

ポイント4 いまの仕事を続けながら、転職活動をする

転職活動を始めても、すぐに決まるとは限りません。むしろ30代も半ばを過ぎれば過ぎるほど、再就職できる確率も低くなってくるのが現状です。

実際に30代で転職活動をした人にアンケートを取った結果を見ると、早い人で1〜3ヶ月という人もいましたが、ほとんどは3〜6か月、長い人だと1年近くかかったという人もいたようです。

確かにいまの仕事を続けながらの転職活動は、スケジュール調整をきちんとこなすことも求められますし、それだけ時間もエネルギーも取られてたいへんかもしれません。

でも、先に仕事を辞めてしまうと、その間も生活費はかかるので、ある程度の貯蓄があったとしても、再就職が決まらないことでだんだん焦りを感じてしまいます。

そうした焦りを感じて精神的にも、金銭的にも余裕がない中で仕事を探そうとすると、自分の希望する条件ではないのに、妥協して「ここでいいや」と決めてしまう場合があります。そうなると、せっかくの転職活動なのに、失敗に終わってしまいかねません。

転職活動は、今の仕事を続けながら、精神的にも金銭的にも余裕がある状態で行なうのがベストな方法です。

ポイント5 転職エージェントを活用する

転職エージェントに在籍しているコンサルタントは、これまでたくさんの企業を見、大勢の人を転職に導いた、いわば転職のプロです。

その人にとって最適な業種や職種は何かを、スキルやこれまでに培った経験などを聞きながら見きわめることができます。転職のノウハウをすべて知っているので、採用されやすい履歴書や職務経歴書の書き方、面接で好印象を持ってもらえる方法も教えてくれます。

さらに、現在の仕事を行ないながらの転職活動は、面接日のスケジュール調整や、さまざまな書類の作成、入社に必要な準備など、やるべきことがたくさんあるので何かと大変ですよね。

そうした面倒な一切のことを、実は担当のコンサルタントの人が代わりにやってくれたりするんです。

希望する会社には直接聞きづらいことや、条件の交渉などもしてくれます。企業や会社側に求職者を推薦してくれるので、希望する職場に採用されやすいというメリットもあります。

30代の転職エージェントの利用の仕方とは

転職エージェント会社はたくさんあります。その会社によって、得意とする企業や業界、職種も異なりますし、正社員に強いとか、未経験の職種や業界に強い会社もあります。年齢によっても、おススメするエージェントは変わってきます。

それで、まずおススメしたいのは、転職エージェントは一つに絞るのではなく、複数に登録することです。30代は、20代と比べると案件数もかなり減りますし、転職条件のハードルも高くなってしまうからです。

また、それぞれのエージェント会社や、担当するコンサルタントによって、考え方や提案する職業も異なります。視点を広げて、さまざまな意見を聞くことで、自分の可能性や視野も広がってくるかもしれません。

自分に合った転職エージェントを見つけて、上手に活用するようにしましょう。大手のエージェントであったり、求人数の多い会社、内定成功率が高い実績を持っている会社、質の良い丁寧なアドバイザーがいると評判の会社に登録することが良いです。

まとめ

30代で転職を考えているなら、なるべく早いうちに計画し実行に移しましょう。これまでの経験やスキルを必要としてくれる会社は必ずあります。

転職エージェントなども上手に活用しながら、転職して良かった!と思えるような会社に就職できると良いですね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事