30代の転職メリットとデメリット!成功するためのポイント5つ!

30代の転職メリットとデメリット!成功するためのポイント5つ!

30代というのは、経験やスキル、実績が蓄積されてくる年代です。転職時にうまくアピールすることができれば大きく飛躍することができるチャンスとなります。しっかりと情報収集をして転職活動に臨むことが重要になります。今回は30代の転職のメリットとデメリット、成功のためのポイントについて解説します!

30代の転職のキャリアアップ

30代の転職メリット・デメリット

「さらなるキャリアアップを目指したい・もっと収入や待遇の良いところへ転職したい・人間関係で煩わされない会社や企業に行きたい・もっと自分に見合った、やりがいのある職場で働きたい」

高校や専門学校、大学を卒業した後に、一度は企業や会社に就職はしたものの、上記で挙げたようなさまざまな理由や事情から、30代になって転職を考えたいと思っておられる方がいるかもしれません。

転職のメリット&デメリット

当然転職することにはリスクが伴います。確実に転職して成功すればよいですが、職を変えたことで後悔してしまう可能性だってあり得るからです。それで確実に転職を成功に導くためには、さまざまな要素を考慮しなければなりません。

merit&demerit

勢いだけで、飛び込んだりチャレンジ精神も強かった20代の時とは違って、30代になるとより転職すべきか慎重になってしまうのも事実です。30代というのは、ちょうど結婚もして子供が生まれる年代でもあります。持ち家を購入しようと考えて動きはじめるのも30代が多いかもしれません。

転職のメリットとは

30代というのは、職場ではちょうど中堅の立場になる頃です。社会人になってから10年近く経ちますから、それなりにベテランの立ち位置になってきている人が多いでしょう。20代の新卒の人を採用する時は、その人を評価するものは書類上で見て取れるものや、学歴などしかありません。あとは年齢とその人の可能性が、採用の基準となります。

しかし、30代の中途採用の人の場合はまた変わってきます。これまでに培ってきた社会人としての経験やスキル、実績は非常に強みとなりますし、その経験をプラスに見て評価してくれる企業も多いことでしょう。

実際に30代前半の時期は、「転職適齢期」と呼ばれています。たとえ未経験の業種や職種にチャレンジしようと思う場合でも、これまでの実務経験や業務実績、さまざまなビジネススキルなど、評価できる部分を企業側に見てもらって、即戦力になれるとみなしてもらえるメリットがあります。

転職することのデメリットとは

Business team thinking about risk hedge

まず挙げられるのは、年齢のハンデです。企業としてはやはり、長い期間勤め上げてくれる人材を求めます。ですから、もし20代と30代の人が採用の候補としていたとして、この二人が同じくらいのスキルや資格を持っていたとしたら、当然企業としては20代の若い人の方を選択することでしょう。

さらには、同じ30代であったとしても、30代前半と後半では、また採用される確率も変わってきます。後半に行けば行くほど、採用確率は低くなっていくということです。ですから、自分が希望する業界や職種の会社や企業で働けない、ということもあり得ます。

また、もし未経験の職種の会社で働くとしたら、これまでよりも年収や収入が下がってしまうことも考えられます。これは結婚して子供がいる人にとっては、生活レベルが下がってしまうことにもなりかねないので、確かに大きなハンデになる要因と言えるかもしれません。

他にも、これまで働いてきたところではそれなりのポストや役職に就いていたとしても、新しい場所では、20代の頃のような新人扱いをされることも覚悟しておかなければいけません。

女性の方であれば、30代の転職はさらに不利になる事が予想されます。ちょうど妊娠や出産を経験する年代でもあるので、雇ってもすぐにやめてしまうのではないか、産休や育休、子どもの状況で仕事を休まれることが多いのではないかと雇用側は思うかもしれません。そうなると、転職してもなかなか採用してもらえない、ということも考えられます。

雇用側が30代の中途採用者に求めることとは

Beautiful business people are using gadgets, talking and smiling during the conference in office

いかに即戦力となってくれるか

一から教えなければいけない新卒の人とは違い、社会人としてのマナーやコミュニケーション能力、仕事のスキルをすでに身に着けている30代中途採用者は、経験があるのですぐに企業の即戦力として働いてくれるに違いない、とみなされます。

たとえ未経験の業種を志望していたとしても、新しい発想や考え方を企業側が求めていて、そのニーズにあなたのこれまでの実績やスキルを活かすことができるかもしれません。

ですからたとえ異業種の会社や企業に行きたいと思う場合でも、職務経歴書など書類を作成する場合や面接の際には、即戦力になれることを積極的にアピールしましょう。

面接での言葉を選ぶ必要があります

「未経験なので、この会社で新しいスキルを身に着けられたらいいなと思っています」と言う人よりは、「この業界では未経験なのですが、これまでに培ったこんなスキルをこの会社で役立てられると思います」と述べる人では、どちらを企業は採用したいと思うでしょうか。やはり、後者の方がすぐに即戦力になりそうだと判断してもらえるのではないでしょうか。

マネージメント能力に優れているか

Childminder and children reading from a childrens book in a kindergarten

これは管理職やリーダーのポストに就いてきた人に求められるスキルです。リーダーとしてグループや部下をまとめたり、指導してきた経験を持っているならば、そうしたスキルを持っていて、会社をチームとして盛り上げてくれる人材とみなされ、高評価の対象となります。

大きなプロジェクトを成功させた経験があるなら、そうした実績も積極的にアピールするのは良いことです。

30代の転職を成功に導くための5つのポイントとは

Resilience

では実際に、30代で転職しようと思う場合、成功させる確率をどうやって上げることができるでしょうか。そのためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

これから5つの成功に役立つポイントを取り上げてみたいと思います。

1.転職する理由や目的を明確にしておくこと

2.転職を希望する会社の社風や環境を事前にチェックしておくこと

3.自己分析をして、自分をよく知ること

4.いまの仕事を続けながら、転職活動をすること

5.転職のプロに相談すること

では一つ一つ見ていきましょう。

ポイント1:転職する理由や目的を明確にしておく

Business development to success and growing growth concept, Businessman pointing arrow graph corporate future growth plan

これまで積んできた経験や実績をふいにして、またゼロから出発しようと思うわけですから、「何となくこんな仕事もしてみたい」とか「今の仕事がつまらなくなった」というような理由だけで転職しようとするなら、当然リスクも高くなります。そういった、動機や目的があやふやな転職は、うまくいかない場合がほとんどでしょう。

それで、ほんとうに転職することが自分にとってメリットになるのかどうかも含めて、転職の目的や理由をハッキリと明確にしておくのは良いことです。

「どうしてもその業界でチャレンジしてみたい」「やりがいのある仕事に挑戦してみたい」など、さらなるキャリアアップを目指したいことが理由でしょうか。

「年収や収入アップがさらに見込める会社に行きたい」とか、「労働時間や待遇の改善」、「職場の人間関係が嫌になった」ことを転職の理由として挙げる人もいることでしょう。

転職したいと思う理由や動機は人によってそれぞれ異なると思いますが、大切なのはすべてが叶うとは期待しないことです。

「キャリアアップ・やりがい・待遇・収入アップ・社内の環境」など、すべてを満たしてくれる会社や企業を探すことはまず難しいことです。全部を求めようとすれば、それだけ転職にかかる時間やエネルギーを無駄に費やしてしまう事にもなりかねません。

優先順位を明確にし、ほんとうに求めるものを見きわめて、明確にしぼっておくことが、転職を成功させるためのポイントです。

ポイント2:転職を希望する会社の社風や環境を事前にチェックしておく

Check off completed tasks on a to-do list

30代にもなると、これまで勤めてきた職場での環境でずっと慣れてきたので、ともすると転職先の職場の社風や環境に戸惑ったり、馴染めない場合もあるかもしれません。

せっかく転職できたのに、社内の環境が良くなくて、居づらくなってしまうという残念な結果になってしまうことだってあり得るのです。それで新しい職場や業界に踏み込もうとする時には、失敗したり後悔することのないように、事前に下調べをしておくようにしましょう。

どうやって希望する会社や企業の社風や環境をチェックできるでしょうか。企業の評判や口コミが載せられている口コミサイトをぜひ活用するようにしましょう。

その口コミサイトでは、働きたいと希望している企業や会社の評価を知ることができます。いま実際にその会社で働いている人や、以前に働いていた人から、リアルな評価や実態を聞くことができるのです。そのサイトでは、その会社の評判や社風、人間関係などを知ることができます。

他にも、自分のスキルや実績を活かせる企業や会社かどうか、労働形態や待遇などの条件を満たしてくれるところかどうかについて、調べておくこともできます。

ポイント3:自己分析をして、自分をよく知ること

hand highlighting words project management tag cloud on clear glass whiteboard isolated

まずできることは、今まで自分がしてきたことについて振り返ることです。自身の積んできたキャリアやスキルを改めて思い返して、そうした実績や経験でどんな貢献ができたかを分析しましょう。そうすることで、次の転職先で自分の長所をどのように活かせるかを、積極的にアピールすることができるようになります。

次にできることは、「いま何をしたいのか」「何ができるのか」を分析することです。自分の得意とする分野があるでしょうか。身に着けたどんなスキルや能力があるでしょうか。たとえば、コミュニケーション能力や、人をまとめる力もアピールのポイントとなります。 そうした分析は、弱気になったり気後れせずに、自信を持って自分の強みをアピールしようと思える動機づけになります。さらに雇用側からも良い印象を持ってもらえるに違いありません。

そして最後にできることは、「これからどうしていきたいのか」、つまり未来像を見据えておくことです。

30代の場合、この将来の姿を見据えておくことは、特に大切になります。社会人としての成功やキャリアはもちろんのこと、家庭を持ってプライベートでも充実していける未来になるかどうかに関わってくるからです。転職した新しい会社で、どのように歩んでいきたいのかをよく考えて、分析しておくのは良いことです。

ポイント4:いまの仕事を続けながら、転職活動をする

先に仕事を辞めてから転職活動をしたほうが、気持ちを落ち着けてゆっくりと探せると思われる方もいるかもしれません。

確かに、いまの仕事もしながら次の就職先を探すのは、綿密なスケジュール管理も必要になりますし、労力やエネルギーも費やすので、それだけ大変になります。

しかし、すぐに転職先が見つかる可能性はどれだけあるでしょうか。30代ともなると、なかなか条件に見合った会社を探すのは難しいかもしれませんし、何か所応募しても決まらない可能性だってあり得ます。

その間にも、衣食住など生活にかかる費用はどんどんかかっていきます。家族を持っていればなおさらです。貯蓄があるから安心…と思っていても、何か月も決まらないうちにどんどん焦りを感じていくかもしれません。

そのように焦りを感じて、精神的に余裕が無くなると、転職先を妥協して決めてしまう可能性があります。「本当はこれくらいの年収が欲しかったけれど、少ないけれど仕方がない」とか、自分の求める条件に見合っていないところで手を打ってしまうことになりかねません。

金銭的にも、精神的にも余裕を持ちながら転職活動を行なうためにも、いまの仕事は続けながらすることをおすすめしたいと思います。

ポイント5:転職のプロに相談すること

Male real estate agent with clipboard on grey background

転職エージェントをぜひ活用しましょう。転職エージェントとは、転職を円滑に進めるための手助けやサポートをしてくれる、支援会社のことです。エージェントに在職しているコンサルタントは、プロの視点からどんな企業や会社があなたのニーズに合っているのかを、客観的に判断してくれます。

どんな職が良いか相談に乗ってくれたり、転職のノウハウから、転職がスムーズにいくように一連の流れまですべてサポートしてくれます。条件に合ったところを探してくれますし、企業側と条件の交渉なども代わりにやってくれます。

転職となると、いまの仕事と同時進行で、次の仕事探しや、応募や面接などを行なわなければなりません。書類作成や、スケジュール調整にも時間が取られます。そうした転職に関わるさまざまな手続きや調整を、エージェントが代わりにすべてやってくれるというわけです。

転職エージェントを利用するメリット

Businessman touching plus sign positive thing, such as benefits, profit, development, CSR, copy space

転職エージェントを使って仕事探しをすることには、たくさんのメリットがあります。

「でもそういったサービスを受けるには結構お金がかかるんじゃないの?」と不安に感じるかもしれませんが、どのエージェントも無料で利用することができます。ですから、転職しようと思う際には、安心して利用なさってください。

ではいくつかのメリットを取り上げましょう。

ここを目指すと良い!というポイントを教えてもらえる

エージェントに在籍しているコンサルタントは、これまでたくさんの企業や会社を調べ上げている、転職のプロです。

たとえ未経験の職種や業種にチャレンジしようと思う場合でも、いまその人が持っている資格やスキルをうまく活用できる会社や、それを必要としている企業についての情報や知識をたくさん持っているので、ここを目指すと良い!というポイントを教えてくれるでしょう。

転職のノウハウをすべて教えてもらえる

希望する会社に採用してもらうためには、まず履歴書や職務経歴書などの書類が、採用担当者の目に留まらなければ始まりません。

コンサルタントは、仕事探しだけではなく、採用してもらえるような書類の上手な書き方を教えてくれます。さらに、面接が決定したなら、面接日の調整や、面接の準備なども手伝ってくれるのです。働く上でこちら側がのんでほしい条件があるなら、代わりに会社と交渉してくれたりもします。

さらには、内定が決まってから、入社するまでの準備や書類の手続きまで、すべてしっかりとサポートしてくれるのです。

仕事が決まりやすい

自分だけで応募すれば、書類選考の時点であっという間に落選する可能性が高い会社でも、エージェントを経由することで、応募書類が通る場合が結構あります。

特にスキルや資格と言えるものがなく、未経験の場合、採用されにくいことも多いですが、エージェントがあなたを企業側に推薦して、後押ししてくれるので、採用に有利に働く場合が多いというメリットがあるのです。

まとめ

30代で転職を考えているなら、なるべく早いうちに計画し実行に移しましょう。これまでの経験やスキルを必要としてくれる会社は必ずあります。

転職エージェントなども上手に活用しながら、さらなるキャリアアップを目指して、転職して良かった!と大成功につながるような結果になると良いですね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事