40代って転職に不利?実際のところとおすすめの転職活動!

40代って転職に不利?実際のところとおすすめの転職活動!

”転職は35歳まで”とよく耳にしますが、40代からの転職は厳しいのでしょうか?優れた職歴、経験や実績、スキルなどを有しているなら、キャリアアップ転職をすることは十分可能です。今回は40代の転職活動のやり方とおすすめの転職エージェントを紹介します。

40代の転職の現実

40代の転職

”転職は35歳まで”とよく耳にしますが、40代からの転職は厳しいのでしょうか?実際、40代で未経験分野の転職は厳しく、年収の低いものが多い傾向があります。しかし、優れた職歴、経験や実績、スキルなどを有しているなら、キャリアアップ転職をすることは可能です。そのような転職はほとんどの場合、コネによる採用が多いため年収アップを期待することができますが、コネなしで転職をするなら年収アップは期待することができないでしょう。そもそも日本の企業は、一般的に年功序列をとりいれています。そのため、40代で中途採用をすると、それなりの高い年収を支払う必要がでてきます。なので、40代の中途採用をする際には、即戦力となる人材や管理職となる人材などが基本的な条件となっているため、求人数も少なく、たとえ募集していたとしても競争率が高いものとなっています。しかしだからと言って、40代の転職が不可能ということはありません。40代までに経験や実績、スキルを積んでいるなら、転職することは可能です。もし今現在勤めている会社からもらっている年収が転職市場価値とミスマッチなら、たとえ40代でも転職をすることで年収をアップさせることができる可能性があります。しかし、もちろん、その逆もあり転職をすることで年収がダウンしてしまうこともあります。ですから、40代の転職を成功させるためには、入念な調査がとても重要となってきます。

40代の転職もアリ!

40代で仕事を辞め、転職をしたいことを話すなら、多くの方が辞めるように引き留めることでしょう。特に日本では、上記でも触れたように年功序列が強いので、転職市場で年齢は重要なチェック項目となっています。確かに20代という社会人経験が浅い年代なら、変な癖がついていないので、未経験分野の職種や業界に挑戦することができます。また、企業側にとっても年収が低くても問題ないので、即戦力とならない人材だとしても若さがあるなら転職市場では価値が高くなります。しかし、40代になると、他の会社で十分な経験をすでに積んでいるので、柔軟性に欠けることが予想されるため、新しい転職先に馴染むことが難しい場合もあります。そのため、企業側からが即戦力になるかもしれないが、扱いにくい人材の層となっています。また、40代となると家庭もあり、プライベートでの経済的な負担も大きなものです。それには住宅ローンや子どもの学費ローン、両親の介護費などがあります。そのため、40代を過ぎると、たとえ今の会社に不満があったとしても定年までの20年弱を我慢し続ける方も少なくありません。では、転職をしたくても、40代の転職はやめるべきなのでしょうか?そのようなことはありません。40代でも転職をすることが正解な場合もあります。たとえば、会社の経営が傾いてきていたり、上司との人間関係が辛すぎたり、出生ルートから外されてしまったり・・などの不安や悩みを抱えているなら、たとえ40代だとしても転職をすることができます。定年までの残りの20年は、短いようでいて長いものです。なので、環境を改善させるために転職やキャリアアップのための転職など目的は人それぞれ異なりますが、何らかの不安や悩みを感じているのなら、思い切って転職の準備を始めることができるでしょう。

40代の転職活動を乗り越えるには?

では、40代の転職活動をどのように乗り越え、転職活動を成功させることができるでしょうか?

入念な準備をすること。

40代の転職は、在職中に転職活動をすることがベストです。つまり、希望の転職先が見つかったとしても、すぐに今の会社を辞めることは控えましょう。今の会社を退職するタイミングは、次の会社の内定が決まったら、入社日に合わせて退職日も調整することができるでしょう。また、入社日準備の中には、貯金をしておくことも大切です。転職後もお給料をもらうことはできますが、万が一のことの備え、貯金をしておくことは大切です。

転職際の情報を徹底的に調べること。

転職先について徹底的に調べることはとても大切です。そのために、口コミサイトを利用し情報を収集することができるでしょう。また、希望している企業に、知り合いが勤めているなら話を聞くこともできるでしょう。

今の会社を辞めるリスクについて考えてみること。

今の会社を辞めたことを後悔しないためにも、退職後の先にある転職先での苦労と、今の会社で定年まで勤めることの苦労を比較してきることができます。本当に転職する価値があるのか?今の会社を辞めても本当に後悔しないか?などをよく考えて分析することができるでしょう。

ストレスを溜めないこと。

在職中に転職活動をすることには、ストレスが伴い、それは大きな負担となります。もしストレスを溜め込み、上手にコントロールをすることができなくなってしまうほど追い込まれている状態になってしまうなら、冷静な判断をすることができなくなってしまいます。転職を失敗させてしまいかねないので、ストレスは上手にコントロールするようにしましょう。

体力をしっかりつけること。

転職活動は、思っている以上体力を消耗するものです。20代なら勢いで転職活動を乗り切ることができますが、40代になるとそのようにはいきません。ですから、栄養バランスのとれた食事を摂取するなどの健康管理も転職活動に必要なこととなってきます。

40代の求人が少なくなる理由

なぜ40代になると20代や30代と比べて求人数が少なくなるのでしょうか?それは40代の求人は、管理職や管理能力を期待した求人案件が多くなるという傾向があるからです。実際、企業側が40代に求めていることは、管理能力です。管理職というポジションは、一般的な会社組織の中ではほんの一部で少ないという現状があります。そのため、求人数も少ないのです。また別の理由として、40代の中途採用は給与の支払いが高くなるので求人数が少ない傾向にあります。企業側は、高い年収に見合った人材かどうかを見極めようとしますが、それにはリスクが伴います。そのため、多くの企業は、40代の転職求人をだすことに消極的となっています。

転職先に求める希望条件を具体的に決めておくことは大切!

在職中に転職活動をすることが必須となる40代の転職ですが、転職を考え始めたのならまず転職したい方向性を明確にすることは重要です。つまり、転職希望先の企業に求める条件を具体化させるということです。転職を考えているということは、今の仕事に何かしらの不安や不満を抱えていることでしょう。では、まずその不満を全て書き出してみることができます。そうすることで、転職後に何をしたいのかが明確になってくることでしょう。転職をすることで成し遂げたい目的や目標を作ることで、求人を選ぶ際にも絞り出すことができます。たとえば、40代で転職をする場合、特に家族を扶養しているならさまざまなローンの支払いもあるので希望する年収も明確にすることができます。どのようま目的や目標にしろ、高望みしすぎるなら転職を長期化させることになる可能性があるので、現実をよく把握しながら、実現可能なものを目指すようにしましょう。希望条件が具体化したなら、転職サイトを利用し、求人情報を収集していく必要があります。では、どのような転職サイトを利用することができるでしょうか?

40代の転職サイトの選び方

40代になると、応募することができる求人数が少なくなってくるので、20代や30代の転職とは異なる転職サイトを利用することができます。では、40代の転職希望者はどのように転職サイトを選ぶことができるのでしょうか?それは、少しでも多くの求人を見つけ出すために、複数の転職サイトに登録し、求人案件を探し出すことです。つまり、多くの求人数を集めて、数多くの企業に応募することが40代の転職を成功へと導きます。すでに40歳で転職を成功させている方は、最低でも10サイト以上の転職サイトを登録しています。なので、少しでも多くの求人情報を収集するために、多くの求人サイトを登録し、利用しましょう。

40代におススメ!必ず登録したい転職サイト

転職サイトは大きく2つのタイプに分けることができます。それは「求人型サイト」と「転職エージェント型サイト」の2種類です。40代の転職を成功へと導くためには、この両者を登録し、上手に活用していくことが大切です。では、ここでそれぞれのタイプの転職サイトをいくつかご紹介しましょう。

求人型サイト

求人型サイトの特徴は、サイト内に求人が一覧できるように表示されています。その中から、自分の希望条件に合った求人を探し、気に入ったなら自由に応募することができます。では、どの転職サイトを登録すれば、多くの求人情報を収集することができるでしょうか?

「リクナビNEXT」 転職業界最大手のリクルートが運営をしている転職サイト・リクナビNEXTは、豊富な求人案件を扱っています。それにはリクナビNEXTだけしか扱っていない求人が85%もあります。もちろん、40代向けの求人も多く扱っているので、40代の転職希望者には登録必須の転職サイトとなっています。

「マイナビ転職」 大手リクルートと並ぶ最大手のマイナビが運営する求人型サイト・マイナビ転職は、マイナビだけが扱っている求人が81%掲載されています。こちらも登録しておくことで、多くの求人を収集することができるでしょう。

「日経キャリアNET」 日経新聞社グループの日経HRが運営している転職サイト・日経キャリアNETは、日本を代表する日経新聞があるため、求人を依頼する企業側から信頼がとても高く好評なため、多くの大手企業や有名企業の求人が揃っています。

転職エージェント型サイト

転職エージェント型サイトは、専任のキャリアコンサルトがつき、面接対策などの転職やキャリアに関するアドバイスをもらいながら一緒に転職活動を進めていくことができます。転職エージェントを利用するメリットはそれ以外にも、転職サイトにはない非公開求人の情報を収集できることです。では、数多くある転職エージェントの中から、40代が利用すべき転職エージェントをいくつかご紹介しましょう。

「リクルートエージェント」 転職エージェント型サイトの中でも、最も取り扱い求人案件が多く、転職決定実績を誇る転職エージェント・リクルートエージェントは、40代でも利用すべき転職エージェントです。

リクルートエージェントの評判チェック!利用した口コミも!

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで転職や就職業界最大手のリクルートグループ・リクルートキャリアが運営しています。最大手のリクルートエージェントの特徴や実際利用した方の評判をチェックしよう!

https://career-step.fun/%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%82%EF%BC%81

「パソナキャリア」 パソナキャリアは、人材大手であるパソナが運営している転職エージェント型サイトです。派遣のイメージがあるパソナですが、転職サービスにも力を入れており、質の良いサービスを提供しています。男性はもちろん、女性の転職実績も数多くあります。

「マイナビエージェント」 マイナビが運営している転職エージェント型サイト・マイナビエージェントは、40代にもお勧めの転職エージェントです。中小企業の優良な求人案件を豊富に扱っています。

40代が確実に書類選考を通過するためにできることとは?

40代の転職活動は、20代や30代の方と同じ方法では成功させることはできません。しかし、40代でも転職を必ず成功させることができます。そのために、いくつかのことを実践する必要があります。以下の点を行うなら、難関とも言われている書類選考を通過することができるでしょう。では、具体的に40代がすべき転職活動をみてみましょう。

1週間で10社前後の応募を!

40代の転職を成功させるためには、多くの企業に応募し、アプローチをすることが大切です。そのペースとして、1週間で10社前後応募書類を送る覚悟で転職活動を進めていくことができるでしょう。1週間に10社前後の求人案件を探すことも難しいかもしれませんが、ダラダラと長期間転職活動をするよりも、短期間で集中して転職活動をするという目標を持つなら、ストレスも溜まらず、楽な気持ちで臨むことができるでしょう。40代の転職には、気合が必要です。その気合は、面接の際にも自然と人なりとしてプラスとなるでしょう。

気に入った案件を見つけたらすぐに応募を!

自分に合った求人案件を見つけたら、すぐに応募することが大切です。なぜなら、転職サイトに掲載されている求人案件には限りがあり、掲載期間が短い傾向があります。特に40代向けの求人は人気があるため、すぐに応募が終了してしまいます。もちろん、案件により人気の差はありますが、自分が気に入って少しでも良いと思った案件はすぐに応募するようにしましょう。

登録情報をこまめに更新すること!

転職エージェント型サイトは、賢く利用する必要があります。どのようにでしょうか?それは、登録情報をこまめに更新することによってです。なぜなら、転職エージェントは、登録者管理画面から情報を収集しているので、登録者管理画面のリスト上位に表示されている方から優先的に求人案件を紹介していくからです。なので、登録者管理画面でリストの上位に表示されるために、登録情報を一部でもよいので更新する必要があるのです。また、登録情報には、キーワードを入力することができますが、その際には多くのキーワードを入力することでキャリアコンサルトの目に留まる確率をアップさせることができるでしょう。

キャリアコンサルトと信頼関係を築くことが転職の成功の鍵

転職エージェントを利用する最大のメリットは、求人サイトでは扱っていない非公開求人の情報を収集することができることです。それを紹介してくれるのは、担当のキャリアコンサルタントです。ですから、担当のキャリアコンサルタントと信頼できる良好な関係を築くことが、非公開求人の情報収集への鍵となってきます。では、どのようにキャリアコンサルタントと信頼関係を築くことができるでしょうか?転職エージェント型サイトに登録すると、電話連絡があるのが一般的ですが、登録をし連絡を待っていても電話がない場合もあるので、登録後に自分から電話をすることができます。自分から電話をかけることで、転職の意思が強い人と判断され、好印象を与えることができるでしょう。その後、面談の日程が決まったなら、訪問日に向けて準備をすることができるでしょう。(履歴書や職務経歴書の書類作成や服装など)そして、面談日当日は、担当となるキャリアコンサルタントと顔なじみになるよう、自分の転職の方向性について知ってもらうよう伝えることができます。キャリアコンサルタントは多くの転職希望者を担当としているので忙しくしています。なので、たとえキャリアコンサルタントから連絡が来なくても、自分から継続的に、少なくとも週に1回は連絡を入れるようにしましょう。そのようにすることで、自分のことを覚えてもらい、新しい求人案件が入った際には、優先的に候補者の中にいれてもらえる可能性が高くなります。

まとめ

40代の転職は難しいと言われているよう難関を伴うものですが、40代でも転職を成功させることは可能です。なので、40代で転職を考え希望している方は、40代ならではの転職活動を実践し、転職を成功させましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事