40代の転職ってどう?成功する失敗しないコツはこれ!

40代の転職ってどう?成功する失敗しないコツはこれ!

転職は30代前半までが良い時期とされますが、実際は個人のスキルレベルや経験、業界や職種によって異なるので、一概に40代が無理と決めつけることができません。しかし、40代の転職が20代、30代と異なるのは確かです。違いをおさえて、効率よく活動をしましょう!

40代の転職はハードルが高いと言われるのはなぜ?

40代の転職

一般的に、転職適齢期は30代前半とも言われ、転職のタイムリミットは35歳が限界、とも言われています。年齢がどんどん上がるにつれて、転職が決まる成功確率もどんどん低くなっていくため、転職を考えているならば、なるべく早いうちに行動を起こすように勧められています。

確かに、20代や30代の時であれば、チャレンジ精神で、勢いだけで新しい仕事や業界に挑戦することもできたかもしれません。しかし、40代ともなると勢いだけで行動するにはリスクも高すぎます。

ちょうど40代というのは、家庭を持ち、家のローンだけではなく、子どもの教育資金や、進学にお金がかかってくる年代でもあります。そうなると、ヘッドハンティングなど、確実に次のポストやキャリアが約束されている場合を除いては、転職も思い悩んでしまう人が多くなるでしょう。

それは、確実に転職したことが成功につながれば良いのですが、職を変えたことが後悔につながってしまう可能性だってあり得るからです。それで確実に転職を成功に導くためには、さまざまな要素を考慮しなければなりません。

そもそも、40代の転職のハードルが上がることには、どんな要因が考えられるのでしょうか。

要因1:経歴や実績などポストに関わる要因

40代ともなると、それなりに実績も積んでおり、管理職やリーダーとして部下をまとめ、引っ張ってきた経験を持つ人も多いことでしょう。大きなプロジェクトを成功させたり、実力を評価してきてもらった人も多いはずです。

しかし、ヘッドハンティングされたのでない限り、転職した先で同じようなポストが待っているわけではありません。むしろ、未経験の業種であればなおのこと、新入社員と同じような扱いが待っているかもしれません。

雇用側としても、そうしたこれまでに培ってきたことへのプライドが高い40代を採用することで、前職の環境や立場と比較されて、トラブルのもとになるのは避けたいに違いありません。それならまだ頭の柔らかい、20代や30代の人を雇いたいと考えるかもしれません。

前の仕事がどんなに大企業だったとしても、実績や経歴をたくさん積んで認められてきたとしても、新たな職場では一からの再スタートになります。その事実をきちんと認めて、前職での経歴や役職にこだわる態度ではなく、謙虚な気持ちで、でも培ってきた経験を役立てたいという気持ちで転職に臨むことが大切であると感じます。

要因2:報酬が関係する問題

40代のベテランと20代の新人では、経験やスキルの度合いが異なるので、それだけ待遇や年収なども変わってきます。

雇用する側としては、年齢やキャリアに応じた、相応の報酬を支払わなければなりませんので、40代ともなるとその割合も高くなってきます。

でも実際に、その採用した人が年収や報酬に見合った仕事をしてくれるか、業績を残してくれるかは分かりません。となると、雇用者側としては、40代の雇用に慎重にならざるを得なくなります。これも、40代の雇用率が低い要因の一つです。

転職すれば、一からのスタートなので、以前の会社や企業でもらっていた収入と同じだけもらえるとは限りません。むしろ、これまでより低くなる可能性も覚悟すべきである、と言えます。

自分がこれまでの職場で得ていた年収や収入は、そこでの実績や経験を評価された結果にすぎません。新しい就職先では、これからの働きや実績を見て評価されていくことでしょう。ですから、生活は一時的に大変になるかもしれませんが、転職したばかりの頃は、収入も一時的に下がる覚悟を持つことが大切と感じます。

要因3:転職する年齢についての雇用者側の疑念

なぜ40代という今になって転職をしようと思うのだろう…と、雇用する側としては感じてしまう可能性があります。

40代にもなれば、それなりに役職やポストも得ているはずだし、年収や待遇だって上がってきてるはず…。それなのに40代になって転職するということは、何か前の会社とトラブルを起こしたのでは?とか、人間性になにか問題があるのでは?と思われるのも不思議ではないことです。

もしその人が、実は会社ともめ事を起こすトラブルメーカーだったとしたら…と思うと、会社側としてはどんな人なのかを慎重によく見きわめたいと思うかもしれません。

それで、面接を受ける際には「ほかの社員とうまく協調性をもってやれるか」という観点で見られたり、質問されることもあります。以前の会社をなぜ退職することになったのか、「このタイミング」で転職しようと思った理由は明確に伝えるようにしましょう。

以前の職場での人間関係はとても良好だったこと、円満退社であることを強調するのは良いことです。また、採用担当者に好印象を持ってもらえるような、明るい対応を心がけるようにしましょう。

40代の転職を成功させるためのポイント

Business development to success and growing growth concept, Businessman pointing arrow graph corporate future growth plan

雇用する企業や会社の側が、40代のいわゆるベテラン世代を自社に迎えたいと思うのには、どんな理由があるでしょうか。

これを知っておけば、40代という年齢に気後れして、弱気な姿勢や後ろ向きな気持ちで転職活動に臨んでしまう事を避けられます。

確かに20代であれば、若さが武器になります。企業側は20代の人の可能性に期待したいと思うことでしょう。体力やエネルギーに満ち溢れているのも事実です。

しかし、20代にはないものを40代の人は武器にすることができます。それは、これまでに培ってきたり、積み重ねてきた実績や経験やスキルです。ではそうした経験やスキルをどんなふうに前向きにアピールしていくことができるでしょうか。

企業側が40代に求める2つのポイントを押さえながら、転職を成功させるための秘訣を会得していきましょう。

即戦力になれることをアピールする

Happy traveler woman in summer dress joy fun relaxing on boat, Maya beach, Phi Phi island, Tourism Phuket, Krabi, Travel Thailand, Beautiful destination Asia, Summer holiday outdoor vacation trip

雇用する側が40代の人に求めることは、「いかに即戦力になれるか」ということです。

新卒の20代の人には一から、仕事のノウハウをすべて教え込んでいかなければなりません。しかし40代ともなれば、社会人に求められるビジネスマナーやコミュニケーション能力もすでに持ち合わせています。仕事のスキルや業務実績もたくさん積んでいます。

そうしたものすべてをすでに身に着けている40代の中途採用者は、実績も経験もあるので、企業の即戦力としてすぐに活躍してくれるに違いない、とみなされるかもしれません。

もしそれが、未経験の業種や職種であったとしても、新しい発想や考え方を企業側が求めていて、あなたのこれまでの実績やスキルを活かすことで、そうしたニーズに応えることができるという場合もあります。

ですから、たとえ未経験の業種や形態の会社であったとしても、「アピールできるところがない」なんてネガティブになる必要はありません。

「この業種は未経験なので、役に立てるかは分かりませんが、この会社で新しいスキルを身に着けられるように頑張ります」と言う人と、

この業界では未経験なのですが、これまでの会社で培った、こんなスキルをこの会社で役立てていきたいと思います」と述べる人では、どちらが即戦力になれると雇用側は判断するでしょうか。それはきっと、後者であるに違いありません

ですから、履歴書や職務経歴書などの書類を作成する場合や、面接の際には、会社の即戦力になれることを積極的にアピールしていくようにしましょう。

マネージメント能力があることを伝える

hand highlighting words project management tag cloud on clear glass whiteboard isolated

雇用側が40代に期待するもう一つのことは、「マネージメント能力に優れているか」ということです。

・マネージメント能力というのは? 管理職やリーダーのポストに就いてきた人に求められるスキルです。40代ともなれば、部下ができたり、リーダーのポストに就いてきた経験を持つ人は多いことでしょう。

リーダーとしてグループをまとめたり、指導してきた経験を持っているならば、そうしたマネージメント能力をアピールすれば、会社をチームとしてまとめ上げて、盛り上げてくれる人材とみなされ、高評価の対象となります。

大きなプロジェクトをリーダーシップを取って成功させた経験があるなら、そうした実績も積極的にアピールするのは良いことです。

40代の転職には転職エージェントの活用がオススメ

自分の条件と、雇用者側の求める人材がマッチングする企業や会社を、すぐに見つけられればそれに越したことはありませんが、やはり40代になるとすぐに転職先を見つけるのは難しいかもしれません。

そのために役立つのが、転職エージェントの活用です。転職エージェントとは、転職を円滑に進めるための手助けやサポートをしてくれる、支援会社のことです。

エージェントに在職しているコンサルタントは、これまでたくさんの人を就職に導いてきた、転職のプロですから、そのプロの視点からどんな企業や会社があなたのニーズに合っているのか情報を調べ、客観的な視点で判断してくれます。

どんな職が良いかアドバイスしてくれますし、転職のノウハウから、転職がスムーズにいくように、転職に関連する一連の流れのサポートもしてくれます。その人の求める条件に合ったところを探してくれますし、企業側と条件の交渉なども代わりにやってくれることもあります。

では、具体的に転職エージェントを利用することのメリットをいくつか考えてみることにしましょう。

転職エージェントを利用することのメリット

Businessman offer positive thing (such as profit, benefits, development, CSR) represented by plus sign.

ちなみにすべての転職エージェントは、無料でサービスを受けることができます。エージェントに在籍しているアドバイザーは、仕事を探している求職者と、雇用する企業との間を取り持つ、いわゆる仲介役のような役割を果たしています。

エージェント会社は、会社が契約している企業に求職者を紹介し、実際に採用が成立すると、企業の方から紹介料という形で報酬を得られるようになっています。

ですから、求職者のほうにお金が要求されることは一切ありません。転職しようと思う際には、安心して利用することができますね。

ではいくつかのメリットを取り上げてみましょう。

ここを目指すと良い!というポイントを教えてもらえる

転職しようと思う時には、まず自己分析をし、自分についてよく知らなければなりません。

企業側から積極的に採用してもらえるためには、自分の長所や強みを自分自身がまずよく知っておく必要があるということです。そうでないと、その職場で自分をどのように活かせるかを、積極的にアピールすることはできないでしょうし、企業の側としても「それなら若い人の方が良い」と思ってしまうかもしれません。

「自分がこれまで成し遂げてきたこと」や「いまの自分にできること」「これからどうしていきたいのか」を自己分析するわけですが、どこが雇用者の目に留まったり、印象深く見てもらえるポイントなのかを判断したり、客観的に自分を見つめることって、なかなか難しいことですよね。

その点で、エージェントに在籍しているアドバイザーは、そうしたポイントを押さえていますし、企業が求めるニーズや世の中の流れもよく把握している、転職のプロです。

その人がいま持っている資格やスキルをうまく活用できる会社や、それを必要としている企業についての情報や知識をたくさん持っています。ですから、目指すと良いポイントも分かりやすく教えてくれるでしょう。

特に40代は、年齢のハードルがありますから、そのハードルを気にすることなく、積極的に転職活動を行なえるポイントを明確に教えてもらえるメリットは、確かに大きいと言えます。

転職のノウハウをすべて教えてもらえる

希望する会社が決まりました。さて、その会社で面接までこぎつけるためには、まず履歴書や職務経歴書などの書類が、採用担当者の目に留まらなければいけません。

その点で担当してくれるアドバイザーは、何を書けば採用担当の人の目に留まるか、書類の上手な書き方を教えてくれます。一度にたくさんの書類に目を通す担当者が、一人の書類を見る時間は、わずか10秒、長くても1分とも言われています。

そのわずかな短い時間で、書類のどこをポイントとして見るのか、何に目を留めるかなんて素人の目からは分かり得ないことです。それを教えてもらえるのは、とっても大きいメリットですよね。

さらに、書類が通って面接が決定したなら、面接日の調整や、面接の準備などもエージェントが手伝ってくれます。働く上でこちら側が希望する条件があるなら、代わりに会社側と交渉してくれたりもします。会社には直接聞きにくいことでも、エージェントに聞くことができるので安心ですよね。

さらには、内定が決まってから、入社するまでの準備や書類の手続きまでのすべてのサポートをしっかりと手伝ってくれます。

転職活動は、現在の仕事を続けながらの同時進行となる人が多いと思うので、さまざまな面倒くさい手続きや準備を代わりにやってもらえるのはほんとうに助かります。

仕事が決まりやすい

40代の人が自分だけで応募すれば、書類選考の時点であっという間に落選することも多いかもしれません。しかしエージェントを経由することで、応募書類が通る可能性が高くなります。

それはエージェントがあなたを企業側に推薦して、後押ししてくれるからです。ということは、採用に有利に働く確率は上がると言えます。

40代の転職に有利な資格や業種とは?

では、40代でも就職が決まりやすい業界や職種にはどんなものが挙げられるでしょうか。また、持っておくと良い資格などがあるでしょうか。

40代は経験やスキル、実績などが重視されるとお伝えしました。ということは、たとえこれまで働いていた業種や職種とはまったく異なる業界であったとしても、そこがほぼ未経験に近かったとしても、まったく可能性がないわけではない、と言うことができます。

企業や会社側は、さらなる事業の拡大や発展を目指して、別の業界のやり方や発想を求めていたり、取り入れたいと考えている場合があります。また、業務の拡大のために人員を増やそうと思っている時には、必ずしも資格がなくても、未経験であったとしても採用してもらえる確率は高くなります。

では、いま人員をさらに確保したいと思っている業種、さらには業務の拡大や発展のために取り組んでいる職種にはどんなものがあるでしょうか。

たとえばその中には、建築業界や、不動産関係、さらには飲食業界やドライバー、介護関連の職種などがあります。いわゆる専門職と言われるものが多いことが分かりますね。

そのために持っていると良い、役立つ資格の中には、CADや電気工事士、マンション管理士やビル管理技術者、医療事務や介護福祉士といった資格があるかもしれません。第二種免許や大型免許といった資格も役立つでしょう。

もし自分がこれまでに取得した資格があるなら、それらを活かせる職業がないかを調べて見ること、お互いのニーズに合った職種を探してみるのは良いことです。

まとめ

40代だからといって転職をあきらめるのはまだ早いです。これまでのスキルや経験を必要としてくれる会社や企業は必ず見つかります。転職エージェントなども上手に活用しながら、仕事を変えて良かったと思えるような結果につながる転職を目指して頑張りましょう!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事