【CSO関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【CSO関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

CSOは“Contract Sales Organization”の略で、「医薬品販売業務受託機関」のことを指しています。非常に簡単に言うならば「製薬企業の営業職」ということになりますが、最近ではCSOの業務内容も多様化しています。経験はないもののCSOで働きたいとお考えの方に役立つ情報をまとめました。

CSOとは

Business, Technology, Internet and network concept. Young businessman shows the word on the virtual display of the future: CSO

製薬会社が自社製品として新薬を開発した場合、それを使ってもらうために医療機関などに売り込まなければなりません。それを担当するのがMR(MedicalRepresentative、医薬情報担当者の略)です。

MRは製薬会社に所属しています。その主な業務は、医師や薬剤師に自社の医薬品の有効性や安全性を伝え、正しい服用方法や副作用の内容なども理解してもらうことです。

医薬品を医療現場や処方箋で使ってもらう、いわゆる営業なのですが、これには相当に高度な薬学の知識や医学的知識が求められます。医薬品に関する正確な知識を伝え、有効性について正しく理解してもらうこと、加えて自社製の医薬品をアピールする技術や、薬害を防ぐ包括的な知識や指導力も必要になるからです。

医師や薬剤師とのやり取りで受けたフィードバックは、自分の製薬会社に持ち帰ってDIと呼ばれる学術情報者と共有します。DIは研究開発のために自社内でその情報を活用し、その後再び改善なり最適化なりした医薬品情報を伝達します。

医薬品の納品や価格交渉そのものに関しては、MSと呼ばれる医薬品卸が請け負っているため、MRが医薬品を直接売り込んだり販売したりすることはありません。日本では、現在約65,000人ほどの人数がMRとして就業しており、その大半は男性です。

MRの仕事を外部委託

Smiling attractive mature businesswoman handshaking businessman at meeting negotiation, happy hr senior executive woman shaking hand welcoming new hire partner, making deal satisfied with good result

製薬会社と提携してMR業務を代行し、各医療機関に医薬品の有効性や副作用情報を伝達していきます。近年では、医療機器メーカーの営業やマーケティング業務も請け負ったり、それらの情報をフィードバックとして持ち帰ったりなども含まれます。

さらには「PMS」と呼ばれる、販売が開始された医薬品の有効性や安全性を追跡調査すること、MRへの研修や教育、看護師の教育なども業務に含まれるようになっており、医療業界における非常に大きな規模でのサービス業へと変化しつつあります。

CSOには「受託型」と「派遣型」があり、業務内容に大きな差はないものの、プロジェクトそのものを請け負う内容か、製薬会社に派遣されて働く内容かに分かれます。CSOが特に必要とされるのは、新薬や新医療機器の販売後です。

この間は、自社に所属するMRだけでは提携先や担当エリアを網羅することができない場合があり、CSOへとエリアを受注してくれるよう、あるいは担当者を派遣してくれるよう注文が来ます。

CSOから派遣される社員や担当者のことをCMR(コントラクトMR、つまり契約したMR)と呼びます。

このビジネスモデルが成り立つのは、新薬や新しい医療機器の販売直後は特別にMRが必要となるからです。通常は自社に所属するMRだけで事業をまかなえる製薬・医療機器会社も、すでに専門知識を身につけた即戦力となるMRを必要な時に必要な数だけ簡単に確保できるというメリットがあります。

委託する会社としては、自社のMRの数が余ればそれを他の業務やより重要性の高いプロジェクトに回すこともでき、社員には専門的な知識を身につけさせてより特化型の営業や販売活動に注力することも可能です。

そのため、CSOでは所属するCMRに専門的な教育や研修を施すことで対応力を高めており、“医薬品や医療機器のスペシャリストの派遣”を充実させています。

CSOの業務

Presentation of project management areas of knowledge such as cost, time, scope, human resources, risks, quality and communication with icons and a manager touching virtual screen

CSOは、前述のように提携製薬会社や医療機器メーカーのMR業務を代行するCMRを派遣することが主な業務となりますが、その他にもMRへの教育や研修も行います。

各製薬会社や医療機器メーカーのMRもそれぞれ専門知識やノウハウを身につけていますが、MR業務を専門的に行うCMRと違って、MRの場合は自社内での他の業務やプロジェクトに携わることも当然あります。

そこで、MR業務に関するより専門的な知識や技術、認定資格取得のための研修や教育などを請け負います。製薬会社や医療機器メーカーのMRよりもさらに業界や営業に詳しいため、“専門家を育てるための専門家”としてさらに幅広い知識を持って対応します。

さらには、MRとしての社員を採用する専攻作業の代行や、人材派遣のマネジメントなども業務に含まれます。医薬品や医療機器の業界に精通していることを武器に、業界でのマーケティングを担当しての業務支援や、PMS代行業務なども行います。

これらは、各CSOがどのような事業を展開しているかによりますが、一部の製薬会社や医療機器メーカーではMR業務を完全外部化しており、CSOの重要性が近年になってより高まっています。プロジェクトの管理もCSOの重要な仕事です。プロジェクトマネージャーとして様々な業務に関わります。

これらは包括プロジェクトと呼ばれます。内容は様々ですが、・地域の開業医全てを一つのCSOがプロジェクト先のメーカーと契約して担当する・良い薬ではあるが、最新の製品ではないため積極的に売り込みを行っていない製品に関して、集中的にコール数(得意先への訪問回数)を上げることで、新薬開発に注力するメーカーではできないような売上の伸ばし方を実現するなどの活躍の仕方が挙げられます。

業界でのCSOの立ち位置

hand of a hospital medical expert shows the pill to be taken to his patient. concept of generical pills

CSOは、一つの製薬会社や医療機器メーカーに所属するMRとほぼ同じ業務を担当しますが、大きく異なるのは担当する職種です。自社製品だけの情報を担当するMRとは異なり、委託されればどんな製品や企業でも担当するCSOで働くCMRは、多様な職種を選択することが可能です。

近年では、大型製品の特許切れやジェネリック製品の使用を促す国の政策により、MRの数が減っているのが現状です。多くの製薬会社では、多様化する事業や市場の拡大に合わせてより対応能力を身につけることが急務となっており、自社製品にのみ精通したMRの活躍の場が減っています。

大手の製薬会社が切れなく準大手の製薬会社や外資系の企業も積極的にCMRを採用していることや、ジェネリック医薬品だけでなく長期収載品を扱う中で、業務に特化したCMRの強みが生きる業界の動きなどっも関係しています。そういった強みを生かして、MRでは将来性がさほど無いように思われる業界でも、より多様な範囲で働けるCSOでの業務の方が長く続けられると考えられています。

前述のように、発売から数年経過しているものの非常に優れた医薬品などが存在していることもあって、日本の製薬業界はCSOにとって大きな可能性を秘めていると言えます。コンサバティブな業界である製薬業界において、CSOが伸び悩んでいるのも事実ですが、近年ではより多様化・複雑化した業界内の事情も見られるため、今後飛躍的に伸びていくとする予測も沢山見られます。

CSOの業務内容の一つ、マーケティングやコンサルティングも重要なビジネスです。医療は人の命を扱う大切な仕事ですが、業界としてみるとコンサルティング産業とも言えるほど無数の病院や医療関係者で溢れかえっています。

患者さんからすると、適切な治療を施してくれればどこでも良いのですが、数が非常に多い業界の中で生き残っていかなければならない企業や病院、医師からすると、マネジメントやコンサルティングによってうまく立ち回って行かなければならない業界となっています。

とりわけ、日本の医療業界のきめ細かい習慣や文化的な話になると、外資系のコンサルティングでは十分にカバーできないこともあり、この分野で長らく専門的に働いてきたノウハウのあるCSOの強みが一層際立ちます。

そのため、最近では疾病や医薬品だけでなく経営やファイナンスまでも学ぶ研修や試験が増えており、非常にハイレベルなMRを教育するCSOが見受けられます。

今後は、CSOがより専門性の高い分野で活躍することが求められまた期待されており、オンコロジー(腫瘍学)やCNS(Central Nervous Systemの略称、中枢神経系の意)、免疫やオーファンドラッグ(Orphan Drug、希少疾病用医薬品の略。対象患者数が本邦において5万人未満など、難病や治療法が確立されていない病気のための医薬品)などの分野での事業展開、患者の掘り起こしなどよりクライアントの要望に応じる新規事業、KOL(Key Opinion Leader、医療業界で多方面に影響力を持つ重要な医師)向けにアカデミックな情報提供を行うメディカルサイエンスリエゾン(MSL)などの分野で事業展開が重要となっています。

このような事業の多様性を持つことで、業界で生き残る力を身につけているだけでなく、そこで働くCMRやMRにとってもスキルや経験を身に付けやすい環境へと変化しています。傾向としては、最近では臨床開発事業も展開するCSOもあります。

CRO(開発業務受託機関の意。製薬会社の委託を受けて、医療機関に依頼し臨床試験など医薬品の開発業務を実施する企業)や調剤薬局グループ、最新技術を持ったIT企業などと関連会社やホールディングス会社を立ち上げることで、さらなる業務拡大を目指しているため、より包括的でジャンルを飛び越えた職種を経験できるようにもなっています。

CSOで有名な企業

ではここで、CSOで有名な企業を幾つかご紹介します。いずれも安定した業績を残しており、給与面でもいい評判が見られます。

ACメディカル株式会社

ACメディカル株式会社

www.acmedical.co.jp

ACメディカル株式会社は、2010年に設立されたCSO業務を複合的に扱う会社です。IT分野にも強みがあり、モニタリング業務やデータ管理、統計解析などをサービスとして提供しています。CSOとしてももちろんCMR派遣やMRの研修や教育サービス、特定のメディカル分野に特化した人材紹介なども行っています。

さらに、MAも取り扱うことでマーケティングにも長所があり、コンサルティングや医薬品業界でのサポートも請け負っています。業務内容としては非常に多い部類に入り、CSOとしての業務を見るだけでも、提携している製薬会社は有名企業が名を連ねています。ジェネリック医薬品をあまり扱っておらず、先発医薬品や新規プロジェクトなどが大部分を占めています。

近年のCSOの典型的な存在で、MR以外の業務を経験したい方や新規プロジェクトで経験を積みたい方には理想的な職場と言えます。

初心者に丁寧で教育環境が充実していますが、一部本社のフォローが弱い場合や研修の内容が無粋と言ったレビューも見られました。若年層が多いことは、世代別で働きやすさが変化してしまうことにつながっているようです。

シミック・アッシュフィールド株式会社

シミック・アッシュフィールド株式会社

www.cmic-ashfield.com

シミック・アッシュフィールド株式会社は、国内で初めてのCROであり、国内最大規模のCSOという特徴があります。

シミックグループとして医薬品の開発を行っており、製造分野や営業・マーケティングのコンサルティングやサポート事業、さらには一般消費者向けのヘルスケアに関する情報発信やオーファンドラッグの自社開発など、最大規模の企業力を生かした広範囲が事業展開が魅力の一つです。

加えて、UDGヘルスケアグループというヨーロッパ最大のCSO企業も親会社となっており、盤石の基盤を元に多数のプロジェクトを展開する期待の企業です。現在30社以上の製薬会社と提携しており、実にプロジェクトの80パーセントが新薬と言われています。

会社規模が大きくプロジェクトの内容も新しいものが多いため、職場環境としてはそれなりのスキルや経験が求められるといった声が見られます。上司や会社からのバックアップも比較的少ないようで、自分で様々な能力を発揮して問題解決やプロジェクト成功に導くことが要求される実力主義の要素が強い職場でもあるようです。

オンコロジー(抗がん剤)やCNS(抗精神薬)などのスペシャリティ領域にも力を入れており、MR経験者であればやりがいのある職場と言えます。

アポプラスステーション株式会社

アポプラスステーション株式会社

www.apoplus.co.jp

アポプラスステーション株式会社は、創業して約4半世紀になる老舗企業で、CSO事業をメインに医療用医薬専門職業に紹介するサービスや専門の人材派遣サービスをおこなっています。

主に薬剤師を起点として事業展開しているため、製薬業界において特に強みを発揮します。資本金や従業員数からすると、東証一部に上場していてもおかしくない規模を誇り、1部上場しているクオールのグループ企業です。

CMRの人数で言えばこれも国内最大級で、事業は主に派遣の形で行なっています。営業職での実績やマインドを重視しており、流通も含めて医療業界全体を理解するための研修や自己学習を推奨しています。

CSO業界で仕事を探す

CSO業界で仕事を探す方法を簡単にご紹介します。CSOの求人を見るには、オンラインサービスが簡単で便利です。

indeed(インディード)

indeed

求人サイト、新聞などのメディア、各種団体、企業の採用ウェブページなど、数千のウェブサイトを巡回して求人情報を収集しているので圧倒的な求人数を保有する求人サイト!

indeedは求人情報だけを集めてくる検索エンジンであり、インターネット上に散らばっている求人情報であればどんなものでも閲覧できるオンラインサービスです。日本だけでなく60か国以上の情報を集められるのが特徴で、世界中の月間の利用者は2,000万人とも言われている巨大なウェブサイトです。

海外での就職や転職を考えておられる方にもおすすめの、膨大な情報収集のツールとなってくれるでしょう。indeedでは、2019年1月現在でCSO関連の求人1,300件以上を掲載しています。正社員雇用でも1,166件以上の豊富な求人があり、東京だけで404件、大阪で93件、北海道で38件と、地域別の情報もしっかりとキャッチしていることがわかります。

特徴は、繰り返しになりますがあくまで求人情報を集めてくるだけの情報サイトであることです。就職活動や転職活動は自力で行わなければならず、その際のサポートもありません。

この点では、転職エージェントやコンサルタントのサポートをウリにするその他の転職サイトや求人サイトの方が魅力的ですが、情報量が圧倒的なことは間違いありません。就職や転職活動は自分で出来るという方の場合、むしろ非常に簡単で便利に情報を見つける貴重なサイトとなります。

このように、カウンセリングや給与交渉、面接サポートなどのサービスが豊富な転職サイトに比べると、自分で全てをこなしていかなければならないというデメリットがあるのは確かです。

しかし、一度履歴書を登録するだけで簡単に応募できるなど、求人を利用することに関しては完結で利便性の高いシステムが特徴的です。求人情報であればどんなものでも集めてくるため、その求人が新しいものかどうか確認する必要はありますが、おおむね正確性を確保した求人サイトと評されています。

最近では、CMでも知名度を上げているオンラインサービスです。特に地方でも求人情報を探したい方にはうってつけのサービスでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事