IT業界への転職におすすめの転職エージェントはこれだ!

IT業界への転職におすすめの転職エージェントはこれだ!

就職をはじめ、転職でもIT業界の人気が高くなっています。上場企業各社含め、業績が良いのと、ベンチャー含め新興企業が多く出現しているため、多種多様な人材が求められているため目標があるなら未経験でも転職できる可能性が高い業種と言えます。

IT企業への転職が人気な理由

IT企業への転職

多くの方が転職を考えたことがあることでしょう。しかし、どのような職種や業界に転職をしたらよいか分からずに悩んでいる方も少なくありません。そのような方は、IT業界への転職を選択肢に加えることができるかもしれません。

なぜなら、世の中の流れをみてみると、将来はIT業界の需要がますます伸びていくことが予想されるからです。そのため、就職をはじめ、転職でもIT業界の人気が高くなっています。実際、ITが年々進化していることも多くの方がお気づきのことでしょう。

たとえば、数年前までは地図を見ながら街を歩いたり、車を運転していましたが、今ではスマートフォンに案内をしてもらうことが当たり前となりつつあります。また、レストランなどの予約は雑誌や口コミで情報を集めて電話番号を調べ予約をしていましたが、今ではネットでお店を探しネット上で予約をすることが可能となっています。

IT業界は職種が豊富

このように数多くの仕事を奪っていくITは、今後もますます進化していくことでしょう。そのため、ITを操ったり、作ったりする側の職種が人気となっています。また、ITの知識を保有していると、他の業界でも役立てることができます。

なぜなら、世の中のありとあらゆるものがインターネットにつながっているためITに関する知識は必要とされているからです。IT業界への転職、と一言でいっても、その職種や種類など専門とする分野は数多く存在しています。

IT業界の職種とは?

Job category

IT業界には数多くの職種や専門分野が存在しています。それらを大きく10項目に分けると次のようになります。

・マーケティング(営業)

・コンサルティング

・プロジェクトマネジメント

・ハードウェア設計

・システム設計

・プログラミング

・WEB開発

・アプリ開発

・運用

・インストラクターやアナリストなど

これら10項目はさらに細かくさまざまな職種へと分かれていきます。

このように見ても、IT業界は今後ますます需要が伸びていくことを理解することができるでしょう。すでに自分が希望している職種が決まっているなら、それに関するスキルや資格を今から取得することができますが、まだ細かな職種まで決まっておらず、IT業界へ転職したい!

と方向性がざっくりしているなら、IT業界のどの職種でも役立てることができるスキルを身につけておくことで、転職を有利にすることができるでしょう。では、IT業界で役立てることができるスキルとは何でしょうか?

IT業界への転職で役立つスキル

Hand with marker writing, Skill concept

IT業界の技術は常に進化しており、その勢いは増す一方です。そのため、IT業界への転職を考えているなら、最低限のスキルも求められますが、スキルを向上させていくことも必要となります。しかし、努力すればするほど、努力次第で転職も成功させることができるでしょう。では、どのようなスキルを今から身につけておくとよいでしょうか?

語学力

IT業界では、最新のIT情報を収集することが必要となります。なので、IT業界で活躍したい方は、英語力があるなら最先端の情報を容易に入手することができるでしょう。

ネットワーク

IT業界には、活動範囲が幅広いネットワークエンジニアという専門職があります。たとえネットワークエンジニアではなくても、それに関わる仕事は数多くあります。それには、交通網、公共Wi-Fi、銀行、行政などの大規模なネットワークから、企業や店舗などの小規模のネットワークなどが関係してきます。これらのスキルを身につけておくだけでも幅広い職種カバーすることができるでしょう。

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)

IT企業の中には、WEBページやブログを運営している企業も少なくありません。その際にWEBやLPなどを作成し、運営や管理をすることができるCMSに関するスキルを身につけておくなら、転職活動を有利に導くことができるでしょう。

UI・UXデザイン

WEBページやアプリ開発などで使われるUI・UXデザインは、IT業界全般で必要とされている共通のスキルなので、身につけておくべきものと言えます。

データベースに関する知識

データベースに関する知識は、IT業界をはじめとした多くの業界で役立てることができるスキルです。これにはデータを効率よく管理したり活用したりするデータベースのスキルが必要とされています。

プログラミングに関するスキル

IT業界では常にプログラマーが不足しているため、求人案件も多くあります。なので、プログラマーとしてアプリ開発者やWEB開発者とならなくても、プログラミング言語を理解しておくことや、それに関する知識を身につけておくならその職種で活躍することができます。

プロジェクト管理能力スキル

プロジェクト管理能力にはさまざまなことが関係しており、それにはコミュニケーション能力や予算管理能力、スケジュール管理能力などが求められています。このような能力を身につけておくなら、プロジェクトを上手に管理することができる人材としてプロジェクトで活躍することができます。

これらのほかにも必要とされているスキルももちろんありますが、上記で紹介したスキルをまず身につけておくなら転職の際に役立てることができるでしょう。それに加え、IT業界への転職を成功させるためにはIT業界に特化した転職エージェントを利用することも大切です。では、IT業界を専門とする転職エージェントみてみましょう。

IT業界を専門とする転職エージェント

転職を希望している方が転職エージェントを利用する場合、総合型転職エージェントと専門特化型エージェントの2タイプを併用して利用することが基本となっています。しかし、IT業界に特化した転職エージェントを探す場合は、大手総合型転職エージェントではなく、IT業界の転職に特化しているエージェントだけを利用することで転職を成功させることができます。なぜなら、IT業界に特化した転職エージェントは数多く存在しており、業界出身のキャリアコンサルトも数多く在籍しているからです。では、IT業界転職へお勧めの転職エージェントをご紹介しましょう。

IT業界への転職を希望している方すべてが登録必須のエージェント「ワークポート」

ワークポート

ITやWEB業界の転職に強く、内定率の高さが売りの転職エージェント!転職が決まるまでのスピードが早いので効率的に転職活動を進めたい方にオススメ!

ワークポートは、IT業界に関するすべての職種をカバーしている転職エージェントなので、IT業界への転職を希望している方は登録必須のエージェントです。すでに10年以上IT業界専門で多くの実績を積んできたワークポートは、その蓄積してきたノウハウや、IT企業との根強いパイプを持っていることから質の良いサービスを提供しています。在籍しているキャリアコンサルトは、IT企業への転職を熟知しているので、求職者の希望に沿った求人案件を探してくれます。すべての人材に対応していますが、特にエンジニアやデザイナー、コンサルティングなどを希望している方にはお勧めとなっています。

地域限定の「レバテックキャリア」

レバテックキャリアは、IT業界の中でも特にWEBを専門としている転職エージェントです。一般的な人材紹介会社としての知名度はまだ低いですが、IT業界では大手転職エージェントとして知られています。在籍しているキャリアコンサルトは、業界出身者の方がほとんどなので、専門的な知識も豊富に持っています。ただ、今現在のところ東京都を中心とした首都圏と大阪を中心とした兵庫、京都エリアのみのエンジニアやクリエイターを中心とした求人案件を扱っています。

IT業界にも特化している「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

常に10万件以上の非公開求人を保有している、他のエージェントと比較するトップクラスの案件数を抱えている必須の転職エージェント!

リクルートエージェントは、人材紹介業界ナンバーワンを誇る転職エージェントです。特にIT業界に特化しているというわけではありませんが、今まで求人案件の依頼を受けた数や、実績数はどこの転職エージェントにも負けない最大手の転職エージェントと言えるでしょう。IT業界専門でないにも関わらず、SEとITエンジニアの求人案件だけでも常の3万件保有しています。この豊富な求人案件数からも、IT業界の転職には欠かすことができないエージェントと言えるでしょう。

リクルートエージェントの評判チェック!利用した口コミも!

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで転職や就職業界最大手のリクルートグループ・リクルートキャリアが運営しています。最大手のリクルートエージェントの特徴や実際利用した方の評判をチェックしよう!

https://career-step.fun/%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%82%EF%BC%81

大手企業でのキャリアアップを志望するなら「 DODAエンジニア IT」

DODAエンジニアITは、大手リクルートに次ぐ規模を持つインテリジェンスが運営しているIT業界を専門とした転職エージェントです。大手企業を中心とした求人案件を豊富に扱っています。特に大手企業が新規プロジェクトを起こす際にIT専門職の求人を依頼するエージェントなので、短期間で依頼をし求人案件が発生するケースが多い傾向にあります。そのような求人は年収が高いので、専門のスキルを持っている方には特にお勧めとなっています。大手企業で着実にキャリアを積んでいきたいエンジニア志望の方や、デザイナー志望の方は登録必須のエージェントです。

ゲームクリエイターを志望しているなら「マイナビクリエイター」

マイナビクリエイターは、ゲームクリエイターの求人案件を中心に扱っている転職エージェントです。特に中小規模の案件数を豊富に保有しています。大企業ではなく、中小規模のIT業界への転職を目指しているなら登録しておくことができるでしょう。

IT業界に中小規模を専門とする「マイナビエージェント×IT」

マイナビエージェント×IT

IT業界での就労経験を持つキャリアアドバイザーが転職の支援を行っているので、丁寧なサポートと質の高いマッチングに定評がある。IT業界への転職に満足度の高い転職サイト!

マイナビエージェント×ITもマイナビクリエイター同様、中小規模の求人案件を豊富に保有している転職エージェントです。最大手リクルートよりも大きな規模のエージェントを目指しているため、求人案件数を稼ぐために小さな企業の案件数も、しっかり訪問し営業しているため、多くの案件数を保有しています。大企業だけでなく、中小規模の企業への転職を希望している方、その中でも特にエンジニアやWEBマーケター、コンサルティングを志望している方にお勧めとなっています。

IT業界へ転職し年収アップを目指している方は「JACリクルートメント」

JACリクルートメント

薦めたい転職エージェントNo.1。管理・専門職、ミドル・ハイクラス向け。高年収層に特化した転職エージェント。日系企業はもちろん外資系や海外求人も豊富。35歳以上の転職にも強い。"

JACリクルートメントは、イギリスを拠点とする外資系を特化とする日系転職エージェントです。グローバルなハイキャリアの求人案件を専門としているので、キャリアアップを目指している方に特にお勧めとなっています。IT業界で通用するスキルを身につけている方や、すでに何らかの実績を持っているなら、さらなるレベルアップを目指した転職先を見つけることができるでしょう。登録することができるのは、自分のキャリアに自信があることが前提条件となっています。すでにエンジニア、営業、コンサルティング、WEBマーケター、クリエイターなどで活躍をしており、さらなるキャリアアップを目指している方は1,000万円超えの求人案件に応募してみることができるでしょう。

IT業界への転職相談するなら「パソナキャリア」

パソナキャリア

パソナキャリアは業界トップクラスの取引企業【16,000社】の求人情報を扱う転職エージェントです。高い専門性を持つ専任のキャリアアドバイザーがあなたの転職成功までを支援します。

パソナキャリアは、提供しているサービスの質が良いことで知られている転職エージェントなので、初めて転職活動をしている方に特にお勧めとなっています。パソナキャリアは、パソナテックという業界最大手のIT派遣事業を運営していたこともあり、最近ではIT業界の転職活動にも力を入れています。それにはただ求人案件数を増やすだけでなく、書類選考通過するための履歴書や職務経歴書の添削、面接対策のためのアドバイスなど実践的なサービスを提供しています。

年収750万超えのハイキャリア転職には「ビズリーチ」

BIZREACH(ビズリーチ)

通常の求人サイトと同じ機能に加え、登録することでヘッドハンターからのスカウトを受けることもできる年収600万円以上のハイクラス転職に必須の転職サイト!

ビズリーチは、主に管理職や専門職などのハイキャリア志望の求人を専門としている転職エージェントです。ヘッドハンター経由での求人案件数も数多く保有しています。しかも、良質な求人案件が多く、年収750万以上、場合によっては年収2,000万円超えという高収入案件も豊富に扱っています。すでにIT業界で通用するスキルや知識を身につけている方や、IT業界で経験や実績を積んでいる方にお勧めとなっています。

転職エージェントを利用する際に気を付けたいこと!

転職エージェントを利用する際には、気を付けるべき点がいくつかあります。それらに注意することで転職を成功へと導くことができます。つまり、転職エージェントを正しい方法で利用しないなら、転職が失敗してしまう可能性があるということです。では、どのような点に注意しながら、転職エージェントを利用することができるでしょうか?

担当のキャリアコンサルタントとの相性が悪ければ必ず交代してもらうこと。

Beautiful business people in headsets are using computers and smiling while working in office. Girl is looking at camera

転職エージェントを利用する場合担当のキャリアコンサルタントがつき、コンサルタントに転職を成功させるかどうかがかかっています。なので、担当のキャリアコンサルタントとの相性が良くないと感じたり、IT業界に関する専門の知識やスキルに欠けていると感じるなら担当を変更してもらうようにしましょう。もし担当の変更を申し出ることを難しく感じるようなら、別の転職エージェントを利用することができるでしょう。

経験や実績、スキルなど嘘をつかないこと。

登録情報や電話や面談でのやりとりはすべて情報としてエージェント側に記録され残されています。もし数年前に登録した情報と、今回の情報に相違があるなら、人となりを疑われ、良い求人案件を紹介してもらえなくなってしまうことがあります。ですから、当たり前のことですが、嘘はつかずすべて正直なことを伝えるようにしましょう。

定期的に連絡を入れること。

転職エージェントは、企業側から求人の依頼を受けると、データベースの中からその条件に適した人を探していきます、その際に優先されるのは更新日が新しい人からとなります。ですから、連絡をせずに情報を更新しないなら新しい求人案件を後回しにされてしまいます。そのようなことを避けるために、転職エージェントを利用する場合は、登録後から2週間に1回程度の定期的な連絡を入れて情報を更新することはとても大切です。

良いところがあればすぐに紹介して欲しい旨を伝えること。

転職エージェントへ初めて訪問する初回の面談で、必ず担当のキャリアコンサルトから転職時期について聞かれます。その際に、良い求人案件があればすぐにでも転職したい!という旨を伝えるようにしましょう。各キャリアコンサルトには、売り上げ目標があるので、そのように答えておくことで、優先順位を上げてもらえることができ、良質な求人案件をすぐに紹介してもらうことができるでしょう。

同じ企業に複数のエージェントから応募しないこと。

Happy group of businesspeople during presentation. Colleagues looking at camera and smiling.

複数の転職エージェントを利用している場合、同じ企業に複数のエージェントから応募することは絶対にしてはいけません。そのような行為は、企業と各エージェントに亀裂が入り、関係を悪化させてしまう可能性があります。また、企業側と担当のキャリアコンサルトには不信感を与えてしまい、破談となるケースもあります。

推薦文を必ず確認すること。

書類選考の際、履歴書や職務経歴書と一緒に、担当のキャリアコンサルトが求職者を紹介する推薦文を書いてくれます。そして、履歴書や職務経歴書と一緒に沿えて推薦文を企業側に送りますが、キャリアコンサルトによってはひどい内容の推薦文を書く人もいます。そのようなことを避けるためにも、推薦文の中身を確認したい旨を伝え、文章をチェックする必要があります。

まとめ

IT業界の転職を希望しているなら、必要とされている知識やスキルの磨きをかけておくことができます。それに加え、転職活動をする際には、IT業界にを専門とする転職エージェントを利用することで転職を成功させることができます。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事