Uターン・Iターン・Jターンって何?地方で働きたい!!

Uターン・Iターン・Jターンって何?地方で働きたい!!

自分がこれからどんなライフスタイルを送っていきたいのか、人生設計を立てる中で、都市部でずっと生活し仕事をして行きたい人もいれば、地方での生活を送りたいと考える方もいらっしゃると思います。今回は「Uターン」「Iターン」「Jターン」についてまとめてみました!

「Uターン」「Iターン」「Jターン」とは?

日本地図

就職先を決める時に考える選択肢の一つに、「どこで働くか」ということを考える方も多いのではないでしょうか。

自分がこれからどんなライフスタイルを送っていきたいのか、人生設計を立てる中で、都市部でずっと生活し仕事をして行きたい人もいれば、地方での生活を送りたいと考える方もいらっしゃると思います。

都市部での仕事と、地方で働くことにはそれぞれメリットもあればデメリットも存在します。

都市部は物もたくさんありますし、生活するにはたいへん便利な環境です。

一方で、その分コストが高く生活費がかかるということや、子どもを預かってもらえる保育施設が足りなく、待機児童の問題も多いので、生活と仕事のバランスを取りにくい一面もあります。

そうしたことを考えて、地方での生活や転職について検討される方もいるかもしれません。

地方移住をするにあたって、よく聞くワードの中に、「Uターン」「Iターン」「Jターン」と呼ばれるものがあります。求人情報などを見ていると、「Uターンの方歓迎!」なんてワードを見ることもあるのではないでしょうか。

では、それぞれどんなことを指しているのでしょうか。また、地方移住することには、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

「Uターン」とは

U turn sign on white cloud and blue sky background with clipping path

まず「Uターン」について取り上げていきましょう。

Uターンとは、都市部以外の地方で生まれ育った人が、一度都市部で就職した後に、もう一度生まれ育った土地に戻って就職することを言います。

地方での暮らしは都市部と比べると、自然も豊かで気持ちにゆとりのあるライフスタイルを望めるに違いありません。

ですから、仕事でのキャリアアップを望むというよりも、結婚や出産、育児をして行くうえでより適している環境を望む、という方にUターン転職は合っていると言えます。

地元での暮らしの良さを知っている人だからこそ、もう一度故郷に戻って生活したい、と願うことでしょう。

また、地方の企業としても、都市部の大企業で身に着けた高いスキルや知識を持った人が、それを地方で役立ててくれることは願ってもいないことです。それで、そうした都市部での経験を持つUターン希望者は歓迎される傾向にあります。

「Iターン」とは

Road signs, indicating right turn on curve road. Turning right. Signal for safety or caution. Traffic warning sign for safe drive on empty curved road or path. Driving on forest road. Safety concept.

では「Iターン」とはどんなことを指していうのでしょうか。

Iターンとは、都市部で生まれ育った人が、都会から地方に移住すること、また地方の企業に転職することを言います。

これもやはり、ずっと都会で生活してきたけれども、地方ならではのゆとりのある環境で生活したいと望む人に多い転職のようです。

最近では、「Iターン現象」と言われる言葉も耳にするようになりました。

これは、過疎化が進む地方の状況に危機感を持つ地方自治体が、特に団塊世代などをターゲットとしてIターン誘致に力を入れ、地方移住を支援する活動を行なったことにより、Iターン転職をする人が増えたことを言います。

ここ数年でIターン現象は何倍にも増加していると言われ、地方での田舎暮らしをしたいという相談件数は増え続けていると言われています。

「Jターン」とは

最後に取り上げるのは「Jターン」と呼ばれるものです。

Jターンとは、地方出身者が都市部に移住して就職し、その後生まれ故郷の近くの地方大都市圏や、中規模の都市に戻って定住する現象のことを言います。

たとえば「宮城県の田舎で生まれ育ち、就職を機に上京したものの、結婚し子育てをするうえで環境を考えて、宮城県仙台市に移住を考える」というケースです。

生まれ故郷に戻っても、安定した収入を得られる働き口を見つけるのは難しい人や、年老いた親の世話をすることも考えて、故郷との行き来がしやすい地方都市部での生活を望む人に多い現象のようです。

地方に移住して転職する人が増えてるってほんとう?

田舎・地方・田んぼ

Uターンにしろ、Iターン、Jターンにしろ、どれも都市部から地方に移住する現象のことを指して使われていることがお分かりいただけたと思います。

実は特に近年になって、地方移住を望む人がどんどんと増加し続けている傾向にあるようです。

しかもそれは団塊世代など、歳の入った人だけでなく、若者の間でも増え続けてきている、と言われています。

地方移住が増える理由1

まず一つ目に考えられる理由に、「都会での生活に疲れた」というものが挙げられるでしょう。都市部での生活は確かに利便性があるものの、自然が少なく、毎日時間に追われる多忙な暮らしをする中で、体も心も疲れきってしまった人も増えてきています。

もっと気持ちにゆとりをもって、心も豊かになれるライフスタイルを送れるのではないか、と考える若い人たちが、自然豊かな地方で暮らすことを望み移住を決意しています。

不況が続く中で、働いた分だけ見返りを期待できる時代ではなくなりました。そういった中で、仕事や生活への考え方、見方も変わってきている時代になっているということでしょう。

地方移住が増える理由2

二つ目の理由として考えられるのは、「**働き方の多様性**」が考えられます。グローバル化社会になり、働き方は必ずしも会社に行かなければ働けない、ということはなくなりました。

ネット環境さえあれば、どこに住んでいても仕事ができるという人も増えています。また、都市部での生活や勤務した経験を活かし、それを地方に上手に活かした仕事をしている人も多くなっているようです。

最後に考えられる理由は、「子育ての環境を考えて」移住を決意する人が増えています。

都市部の空気が子どもの健康に及ぼす影響を考える人や、もっと自然に触れた生活をすることで、のびのびと成長していって欲しいと願う子育て世代の親たちが、地元なり地方に引っ越して、定住することのメリットを考え始めています。

地方移住のメリットとは

地方に移住すること憧れを抱く人も多いことと思いますが、地方で暮らすためにはきちんと現実にも向き合わなければなりません。憧れや思い付きだけで決定して移住してしまうと、やっぱり移住しなければ良かった…と後悔してしまう事にもなりかねません。

メリット

転職するというのは人生を左右しかねない、大きな決定でもありますから、地方に移住する前にメリットとデメリットをよく考えて、本当にその移住が良い結果につながるかを吟味するのは良いことと言えます。

ではまず、地方に移住することにはどんなメリットがあるか、5つのポイントに絞って取り上げていきましょう。

メリットその① 物価も生活費も安い

Cost-value graph made with white chalk on blackboard. Concept about the relationship between Cost and Value. Low Cost and High Value.

まず何といっても物価の安さは、都市部とは比べ物にならないほど安いです。特に農産物などは都市部よりぜんぜん新鮮なのに、価格は半値またはそれ以下ということもざらにあります。

近所の方で農業や漁業を営んでいる方がいれば、仲良くなれば大量の新鮮な野菜や果物、海鮮物を分けてもらえる、なんてことも。食材を使いきれない!ということが悩みになるかもしれませんよ?(笑)

食費は都市部で暮らしていたよりも安く済むことはまず間違いないでしょう。

さらに家賃もかなり割安になります。同じ2LDKの間取りでも、都市部の半額、いやそれ以下で借りることができます。

都市部に住んでいた時は、家賃が高すぎて狭い間取りにしか住めなかった人でも、もっともっと安い家賃で、間取りはもっともっと広いところに住めるのは間違いありません。

もしかすると、これまで家賃にかかっていた金額で一戸建てを買うことだって出来ちゃうかもしれませんよ☆

メリットその② 通勤時間がかからない

都会に住むと悩まされるのが、通勤ラッシュかもしれません。満員電車に乗ればギュウギュウに詰められて毎日出勤することになるし、マイカーで出勤しても道路の混雑に巻き込まれます。

通勤ラッシュを避けるために、朝早く起きて通勤されていた方も多いことでしょう。でもそんな通勤の悩みも、地方ではほとんどと言っていいほどありません。

電車だって満員で詰め込み乗車なんてないですし、イスに座れてのんびり本を読んだりしながら気持ちを楽にして通勤できちゃいます。

マイカー通勤であれば、自然豊かな風景を見ながら、広々とした道路をのんびりした気持ちで運転していけます。好きな音楽をかけながら一日のスタートをきれちゃうなんて、こんな最高なことはありません。

また、住む場所にもよりますが、地方は職場と自宅の距離が近く、通勤時間がかからないのもメリットです。たとえ職場に近いところに自宅を構えても、都市部のように賃料が高すぎて住めない、なんてこともそうありません。

通勤時間がかからないということは、それだけ家族と一緒に過ごせる時間も増えるということです。家族と一緒に朝食や夕食を取る時間が持てるのは魅力ですね。

メリットその③ 子育てがしやすい

Happy parents playing with their daughter in the park. Space for copy.

都市部では待機児童の問題が深刻になっています。子供を預けられる環境が整わないために、自分の望む形で仕事ができないことに悩んでおられる方も多いことでしょう。

地方に住むと、保育施設も整っていますし、待機児童の問題で悩まされることはほとんどありません。

しかも都市部の保育施設は、土地も狭いので子どもが遊べる環境としては不十分なところもあります。

でも地方の田舎だったら特に、土地だけはとにかくあるので(笑)、子どもがのびのびと遊べる環境が整っています。自然は豊かですし、きれいな川や山などの自然に触れた遊びも多いです。

また公園など、子どもが遊べる環境も多く、週末には家族で自然に触れながら川や海、山で遊んだりBBQを楽しんだりもできちゃいます。

子どもの笑顔が増えて、子どもらしくのびのびと育っていって欲しいと願う子育て世代の親御さんにとっては、地方での暮らしは最高の環境と言えるでしょう。

メリットその④ 出世争いに巻き込まれることが少ない

出世争い

都市部の大企業に勤めていれば、それだけ組織の中での出世コースに乗れるかどうかの熾烈な闘いをしなければならないかもしれません。働く人が多いということは、それだけ有能なスキルや能力に優れた人もたくさんいます。

そうした中で、いつも出世のことだけを考えて仕事しなければならないことにストレスを感じている方も多いことでしょう。

地方といってももちろん住む地域や、働く仕事内容によっても違いはありますが、地方の企業ではそれほど熾烈な闘いに巻き込まれることは少ないことと思います。

むしろ都市部の大企業で働いていた経験やビジネススキルが重宝されたり、役立てられる機会の方が増えるかもしれません。地方の方が、自分の本来のスキルや技術を活かせるチャンスは多いと言えるでしょう。

メリットその⑤ 時間を有意義に、ゆったりとバランスよく使うことが可能

電車や車がたくさん行き交う都会で生活していると、いつも時間を気にした忙しい生活スタイルに追われていることに気付くことがあるかもしれません。

出勤する時も、仕事中も、帰宅する時まで、ひたすら機敏に動くことが求められるように感じられるのも、都市部での暮らしの特徴でしょう。

人も多く、街中もゴミゴミしていて空気もよどんでいるように感じます。高層ビルに囲まれた中で、朝から晩まで慌ただしく生活していると、常に時間に追われながらイライラして余裕のない自分に気づかされることもあるでしょう。

しかし地方での暮らしは、そうした慌ただしさとは無縁の暮らしが待っています。出退勤に時間が多く取られることもありませんし、残業も少ないので、仕事と生活のバランスを上手に取った暮らしができます。

休日をリラックスしてのんびり過ごすこともできます。もちろん、都会で暮らしている時と過ごしている時間の長さは同じで、何ら変わりはありません。

しかし、人も街中ものんびりした環境にいることで、不思議と気持ちにもゆとりが生まれるので、感覚的なものとして、時間を楽しみながら過ごせる余裕も生まれてくるのが、地方での暮らしなのです。

地方移住のデメリットとは

Business man thinking about risk hedge problem

地方に住むメリットをいくつか考えましたが、もちろんメリットだけではありません。デメリットについても考えておくことは大切です。

では次に、デメリットについても5つに絞って取り上げていきましょう。

デメリットその① 経験した仕事を活かせない場合がある

地方に移住した人の話しを聞くと良く言われるのが、「選ばなければ仕事はいくらでもあるよ」という言葉です。

ということは、選ぼうとすると仕事は少ない、自分が望む業種や職種はないかもしれない、ということになります。

これまで都市部で勤務して培ってきたキャリアやスキルを活かす仕事を見つけるのも難しいかもしれません。

もし今やっている仕事が好きで、それに関わる業界で働いていきたいと考えているなら、移住先にそれを期待できる仕事があるかを入念に調べてから移動するのは、賢明であると言えるに違いありません。

独立して起業する、という場合も同じです。その移住先で起業する仕事に需要があるかどうかを見きわめなければなりません。

デメリットその② 仕事で得られる賃金が低い

お金が少ない

地方で暮らせば確かに物価も安いですし、生活にかかるコストが低くなるメリットがありますが、仕事で得られる収入や賃金も都市部と比べればかなり低いのが現状です。

選べる仕事が少ないことに加えて、安定した収入を見込める仕事を探すのが難しくなる可能性もあります。パートやアルバイトの時給や日給も、都市部と比べて地方はかなり低いです。

同じ仕事なのに、都市部と比べてこんなに安い賃金で働かないといけないのか、と愕然とさせられることでしょう。

地方に移住すると、収入が下がってしまうことは覚悟しておくと良いかもしれません。

デメリットその③ 専門の施設、店舗が少ないので不便な場合がある

都市部で暮らしていた時には、病院もたくさんあり、どこが良いか自分で選ぶことができたかもしれません。

しかし地方だと、場所によっては病院まで1時間以上かかってしまうという場合もあります。出産を控えている人であれば、分娩施設が近くにないのは不安要素となるかもしれません。

またそこでずっと暮らしていくことを考えた時に、高齢になって公共の交通機関が発達していない場所にいて、通院は大丈夫だろうか、ということもということも考えるべきでしょう。

他にも、地方は都市部のように大型のデパートなどはありませんし、店舗も少ないです。外食を楽しめるお店もたくさんないかもしれません。

いまはネットでショッピングもできますから、さほど不便ということはないでしょうが、これまでのようなおしゃれな生活は望めない、ということも覚えておくのは良いことです。

デメリットその④ 交通の便が悪い

都市部にいた時は、ほとんど待たずにバスや電車を利用できることが当然の暮らしをしていたかもしれませんが、地方に行ったらそうはいきません。

どこに行くにしても車が必要になるのが、地方の特徴とも言えます。

バスや電車は1時間に1本走っていればまあ良いほう、というところもざらにあります。駅に行くまでも徒歩や自転車では行けない距離で、車で送ってもらわなければならない、というのもほとんどです。

都市部にいた時は車を維持する必要性がなかった方でも、地方に移住することで車を購入しなければいけなくなったり、維持するためのお金やガソリン代もかなり取られることは覚悟しておくと良いでしょう。

車での移動が必須になるということは、これまで仕事帰りに気軽にできていた「お酒を呑むこと」も、今までのようにはできなくなるということにもなります。

終電も早いですし、お店が閉まる時間も早いので、今からお楽しみの時間という時には、辺りは真っ暗で閉まっているなんてことも経験するかもしれません☆

デメリットその⑤ 地方の習慣や風習に合わせないといけない

田舎は人と人とのつながりが深いですし、その地方ならではの独特の習慣や風習というものもあります。

なんでいまだにこんなこと続けているの?!と思うような慣習もあるかもしれませんが、そこに住むからには地元のやり方に合わせなければいけません。

自分は関わりを持たないとか、こういった風習はやめさせよう、みたいな革命的な気持ちっを持って行動してしまうと、そういううわさがすぐに広まり、自分も家族も住みにくくなってしまう可能性もあります。

地方は、人付き合いも都会と比べて濃厚ですし、良くも悪くもお互いに干渉し合うのが当たり前です。

人への関心も強いので、うわさもあっという間に広まります。「なんでこの人がうちのこんな情報まで知ってるの?!」と思うくらい、うわさはあっという間に広まっていくことはまず覚悟した方が良いでしょう(笑)

みんなが集まるコミュニティも多く、そういった付き合いを大切にしていることを踏まえて、そういう人との関わりが上手にできる人なら、地方に移住することに向いていると言えそうです。

逆に、他人にあまり干渉されたくない、地元のコミュニティに参加するという面倒なことには関わりたくないといった人には、地方移住は向いていないでしょう。

どんな人が地方移住に向いている??

地方都市・鹿児島

ここまで地方移住のメリット・デメリットをそれぞれ考えてきました。

総合して見てみると、どんな人が地方での暮らしに向いているでしょうか。

自然の暮らしが好きな人

都市部とは違う、地方での最大の魅力は何といっても「豊かな自然に触れての暮らし」でしょう。

自然が豊かであるということは、虫がたくさんいたり、場所によっては雨や雪がたくさん降るところだったりするということです。

都会で暮らしていれば経験しなかったような自然の環境に遭遇することもあるでしょう。そうした自然の環境を楽しめる気持ちを持てる人に向いていると言えます。

多少の不便が平気な人

都会のように、ちょっと歩いていけばコンビニやデパート、娯楽施設や食事処、病院などがすべて整っているわけではありません。

交通の便が良くないところもあるでしょうし、物の品ぞろえが少ないところもあるでしょう。

そうした生活の不便さも気にならない人や、自分なりに生活を工夫して楽しめる人であれば、地方での暮らしは向いていると言えると思います。

人付き合いが上手な人

都市部にいた時は隣近所の人も、どんな人が住んでいたか、顔さえ合わせたことがない、というのも普通だったかもしれません。

でも地方に行ったら真逆の生活が待っています。自分たちの名前だけでなく、仕事先や生活習慣、家族構成に至るまで、ありとあらゆる情報がうわさとして広まっていきます。

つまり、それだけ田舎の人は人付き合いを大切にする風習があるということです。上手にどんな人とでも関われる、合わせられるという人であれば、地方での暮らしにもすぐ順応していけることでしょう。

適応能力が高い人

どこに引っ越すにしろ、住む場所が変わるということは取り巻く環境や、関わる人も変わってくるということです。

仕事の内容や人間関係も変化しますし、住む地域によって寒暖の差もありますから、気候や天候に順応していくことも求められます。

地方に引っ越すということは、そうした環境の変化が特に大きくなるということでもあります。

特に田舎の地域に引っ越すと、その地方独特の風習や慣習を守り継いでいくことを求められるかもしれませんし、これまで経験したこともないようなことをやる必要が出てくることもあるかもしれません。

そこに住んでみないと分からないこともあります。でもどんな環境であっても、どんな変化であってもその変化を楽しめる人、すぐに順応して合わせていく適応能力が高い人は、どこに移住するとしてもストレスを感じることなく生活していけるに違いありません。

まとめ

都市部で働き、生活するにも、地方に移住して生計を立てていくにも、どちらにもメリットデメリットが存在します。

もし地方に移住することを考えている方がいるなら、目先のことだけでなく将来のライフ設計までよく考えて、移住するかどうかを決めることをお勧めしたいと思います。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事