【Webマーケティングの仕事】求人の探し方や職種・待遇・業界事情も解説!

【Webマーケティングの仕事】求人の探し方や職種・待遇・業界事情も解説!

Webマーケティングの仕事には、日常毎日のように利用する家電の製品を開発したり、生産や販売する。多岐に渡るという特徴があります。家電以外の電気製品、スマートフォンやパソコン、電池なども含まれます。 家電メーカー業界への転職や就職を考えている人、興味を持っている人の役に立てればと思います。 サムネイル

Webマーケティング関連の仕事の種類や特徴とは?

WEB MARKETING

はじめに、Webマーケティングとは、どのような仕事なのでしょうか。今日、猛烈な勢いでIT化が進んできました。一昔前と大きく異なり、今では多くの企業が自社のWebサイトを所有しています。そして、企業の中には、自社のWebサイトを用いて、どのように効果的なマーケティングを実施できるか、考えています。

このように、Web上でのマーケティングについて担当し、どのように効果的なマーケティングを実施できるかについて模索するのが、Webマーケティング担当者です。Webマーケティング担当者は、WebマーケッターとかWeb担当者と呼ばれることもあります。

では、Webマーケティングの主な目的とは何でしょうか。それは、PV(訪問者が実際にサイト内でページにアクセスした数のこと)などの増加や、Webサイトの登録者数を増やすことです。Webマーケティング担当者は、その目的のために、様々な手段を講じて、そうした手段の効果性を分析し、手段を検証し、そして、改善を図って行きます。

Webマーケティング担当者は、時代の流れを読み取り、人々のライフスタイルについても考えつつ、どうしたら、自社サイトへの集客を増やして行けるか、考えて行く必要があります。それで、Webマーケティング担当者も、もちろん、マーケティングに関する知識を取り入れることが必要ですし、社会の変化に応じて、柔軟にマーケティングを行うことが求められています。

Webマーケティングを効果的に行うためのどんな方法がありますか。

はじめに、SEOについて考えてみましょう。SEOはSearch Engine Optimizationの略で、検索エンジンにWebサイトの内容を伝達し、検索の結果でより上位に自らのサイトが表示されるようにWebサイトを作成、調整して行く方法です。

最近では、Webページの中に、単に検索のワードをたくさん登場させるだけでは良いWebページとは評価してもらえません。ユーザーにとって有益であること、使いやすいことなど、様々な観点から総合的に良いWebページであると評価がなされなければ、検索結果で上位に表示してもらうことができないのです。総合的に良いWebページであると評価がなされるよう努力する必要があります。

次に、LPOについて考えましょう。LPOはLanding Page Optimizationの略です。ユーザーが最初に訪れたページのことをランディングページと言いますが、LPOはランディングページを改善して、ランディングページのみを見てサイトを離れてしまうユーザーの割合である離脱率の減少を目指して行く方法です。Webマーケティング担当者は、ランディングページを含むWebサイト全体を見直し、どのような工夫ができるか考えて行きます。

例えば、ユーザーが、ランディングページから目的のページへと簡単にたどり着けるようにするために、ランディングページの検索機能やリンクメニューの質を高めて行くことができます。そうすれば、ランディングページのみを見てサイトを離れてしまうユーザーの数を減らすことができるかもしれません。

さらに、リスティング広告について考えましょう。リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果のページに掲載される広告です。検索ワードにあった広告やサイト閲覧状況にマッチした広告が、Webページの中に表示されます。ユーザーの中で、購入したいと思う方たちを掲載元のページに連れてくることができます。Webマーケティング担当者は、リスティング広告のためにどれほどの予算を割くか、考えて行きます。

Web広告にはどのような種類がありますか。

Web広告には、様々な手法があります。はじめに純広告です。純広告とは、Webサイトの中の広告の枠を一定の期間買いとり広告を掲載するという手法です。クリックによる課金はなく、期間で広告枠を買い取ることになります。

関心がないようなユーザー向けの広告であれば、人が多く集まるサイトに広告を出すのが効果的であると考えられます。

動画広告もあります。これは、動画プラットフォームに動画広告を配信するという手法です。動画のため、商品の理解が進みやすいです。テレビCMのような効果を発揮してくれますし、広告掲載の開始や停止も迅速に行えますし、効果の検証も行うことができます。

次に、インストリーム広告です。動画プラットフォームの動画の再生が始まる前に入り込む動画のことです。視聴者はその広告を最後まで見るか、スキップするかを決めることができるようになっています。インストリーム広告を全て視聴したときにのみ、広告の料金が発生するという興味深い仕組みになっています。

ディスプレイネットワーク(DSP)という手法もあります。これは、ブログやサイト内にバナー広告を出稿するという手法です。ただサイト内に広告を掲載するというだけでなく、出稿サイトのカテゴリを選んで特定の内容に関心をもったユーザにのみ配信できるため、場所と人によって、広告を出し分けることができます。

アフィリエイト広告の手法もあります。アフィリエイト広告とは、顧客増加数に応じて広告費用が請求される成果報酬型広告のことです。広告主が無駄な費用をかけずに、効率良く顧客の数を増やすことができるというメリットがあります。

アフィリエイトプロバイダーと契約をして、広告掲載場所となるWEBサイト運営者、いわゆるアフィリエイターに自社の商品を売らないかと募ります。そして、商品広告を掲載し、商品を売ったアフィリエイターに成果報酬の広告費を支払う方法です。獲得単価を広告主が決めることができます。アフィリエイト広告の手法は、リスクが少なく、効率も良いです。

Webマーケティングの年収事情はどのようになっていますか。

Webマーケティングの世界に未経験で入った場合の年収の相場は300万円から400万円と考えられます。未経験であっても、ある程度の収入は見込めると言えるでしょう。リーダーになれば500万円をこえることもありますし、マネージャーになったりすれば600万円をこえる場合もあります。

実績に基づいて評価がなされるような企業に勤務すれば、早めに役職に就き、場合によっては入社後数年のうちに500万円以上の年収を手にすることもできるかもしれません。マーケティングスキルを高めると共に、マネジメントスキルも高めることができるなら、年収に結びつけることができるでしょう。

Webマーケティング関連の会社にはどのような会社がありますか

Webマーケティング関連の会社には、例えば、どんな会社があるでしょうか。幾つかの会社に注目してみましょう。

オルグロー株式会社

オルグロー

www.allgrow.co.jp

オルグロー株式会社はホームページを財産として育てるにはどうすればよいかを考え、ホームページを育ててくれる企業です。顧客満足のためにコスト、成果、サポートの3点にこだわってくれます。技術研究チームは、日本のみならず海外での技術調査、検証も行い、最新最良のサービスを提供するよう心がけています。

2014年には、タイのバンコクと、ベトナムのホーチミンに完全子会社を設立し、成長を続けている企業です。

株式会社サイバーエージェント

サイバーエージェント

www.cyberagent.co.jp

株式会社サイバーエージェントは、1998年に設立されました。それ以来、インターネット広告における広告代理事業を展開してきました。企業のインターネットプロモーションを成功に導くサービスを提供しています。

SEO、SL等の運用メディア、ソーシャルメディアを活用した企画提案も行っています。在庫連動システム、効果測定ツール、広告メニューの開発にも取り組んでいる企業です。ソーシャルアプリなどメディア運用のノウハウを活かした企画力があります。運用オペレーションを支える技術力があります。そして、実績に基づくノウハウと専門知識を持つスタッフのサポート体制による運用力があります。

「インターネットプロモーションにおいて、広告主の広告効果目標を日本で一番達成し続ける代理店」になるというビジョンを持つ企業です。

株式会社クロスウォーク

クロスウォーク

crosswalk.co.jp

株式会社クロスウォークは、2013年に設立された、比較的新しい会社です。インターネットメディアを媒体として社会に感動を与える優良企業を目指しています。大阪に本社があり、東京には営業所があります。

コストパフォーマンスの高いSEO対策や、SEO対策以外にも、リスティング広告運用代行などのサービスを行っています。

Webマーケティング関連の仕事の転職事情はどうなっていますか?

Web Marketing

インターネットの広告費は、年々、増加しています。その増加に比例して求人数も増えていますので、Webマーケティングの分野は、今後の成長が注目される分野であると考えられます。

技術の変化のスピードは速く、それと共にマーケティング施策自体も変化を続けているため、Webマーケティングの分野には発展の余地があると言えるでしょう。

基本的に、未経験から、Webマーケティング関連の仕事に就くのはなかなか難しいと考えられます。なぜなら、Webマーケティング職の応募の際に、事業会社やコンサル会社でWebマーケティングの技術を培ってきた方が求められていることが多いからです。ただ、全く無理かと言うと、そうではありません。未経験から、Webマーケティング業界への転職は不可能ではありません。

例えば、人材業界といった無形商材を扱う法人営業の経験を持っていれば、Web広告コンサルティング営業や、プランターへの転職ができるかもしれません。Webマーケティング業界は変化のスピードが早い業界です。新しいものに対する知的好奇心や柔軟性、適応力、数値分析力や論理的思考力があるなら役立つことでしょう。

Webマーケティング関連の求人を探すには

求人誌などでWebマーケティング関連の仕事を探してみるのも1つの方法かもしれませんが、インターネットを活用できる環境にあるならば、Webマーケティング関連の仕事を探す場合に便利です。次のようなサイトを活用して、求人を探してみることもできます。

indeed

indeed

求人サイト、新聞などのメディア、各種団体、企業の採用ウェブページなど、数千のウェブサイトを巡回して求人情報を収集しているので圧倒的な求人数を保有する求人サイト!

具体的には、indeed(インディード)と呼ばれる検索エンジンを活用することもできます。indeedとは、2004年に米国で創業した求人情報に特化した検索エンジンのことです。indeedは登録をしなくても各サイトに掲載されている求人情報を閲覧することが可能となっています。

indeedは掲示板の役割を果たしてくれるサイトとなっています。掲載日から何日が経過したかも記載されますので、その情報を用いて情報の鮮度のチェックをすることもできるでしょう。Webマーケティング関連の仕事についても、日々チェックすると鮮度の高いものを見つけることができるでしょう。indeedは、スマートフォン、タブレット、パソコンにも対応していますので、安心してアクセスし、情報を検索することができます。

検索の仕組みはシンプルで使いやすくなっています。キーワードや勤務地を入力し、検索することができます。例えば、キーワードにWebマーケティングと入力し、検索すると、求人を閲覧することができます。

タウンワーク

タウンワークのサイトも活用できるでしょう。タウンワークは、リクルートグループが運営しているサイトです。それで、安心感があります。検索についても、職種やエリアから探すことができる検索機能もあります。

例えば、東京でWebマーケティング関連の仕事をしたい場合には、関東の「東京」という項目を選びます。すると、東京での仕事を検索できるページに移りますので、検索欄に「Webマーケティング」と入力すれば、東京でのWebマーケティング関連の求人を探すことができます。タウンワークの情報が更新されるのは毎日朝7時です。その頃にアクセスすれば、新鮮度の高い求人を見つけられる可能性があります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

常に10万件以上の非公開求人を保有している、他のエージェントと比較するトップクラスの案件数を抱えている必須の転職エージェント!

リクルートエージェントは、取り扱っている求人数が業界トップクラスです。そして、転職希望者に嬉しい幾つもの特徴があります。登録すれば、有用なサービスを活用できます。例えば、嬉しいことに、非公開求人が約10万件もある時もあります。

非公開求人の中には、公開すれば人事担当が対応できない位の応募が殺到するような案件などもありますので、魅力的な非公開求人を探してチェックしておきたいものです。

「レジュメNavi」を利用して、職務経歴書を作成することもできます。職種を選択すると、その職種に関連したテンプレートが選択されますので便利な機能となっています。応募書類の添削をしてもらうこともできるようになっていますので助かります。

さらに、「AGENTREPORT」があります。求人の見方やポイント、現在活躍されている人材のスペックや選考基準、企業の内情や業界動向、仕事の環境などの有益な情報をチェックすることができるようになっています。他にも、面接力向上セミナーに参加して、面接官が一体どんなところを見ているのか、どんな人が不採用になっているかなどについても学ぶことができます。

エージェントサービスを受けることもできるようになっています。キャリアアドバイザーが要望に合わせて転職活動をサポートしてくれます。面接日程、条件などの交渉もキャリアアドバイザーが行ってくれますので便利なサービスです。

こうしたサイトを活用すれば、インターネットでWebマーケティング業界の求人を一層見つけやすくなることでしょう。そして、自分に合った転職先を見つけたい場合は、転職エージェントを活用することもできるでしょう。こうしたサイトにアクセスし、検討してみるのはいかがでしょうか。

まとめ

Webマーケティング担当者に必要な資質は、調整力をあげることです。

様々な職種の人々、エンジニアやデザイナーなどとやり取りをします。上手にコミュニケーションが図れないとトラブルの元になりかねませんので、調整力が必要です。周囲に上手に協力を求められると良いでしょう。

他にも、市場のニーズを読み取る力も大切です。パソコンなどのユーザーが一体何を求めているのかなどについて考え、読み取ることができるなら、ユーザーに訴えかけるWebページを考え作成することができるようになります。

そして、データを分析する能力も必要です。コンバージョン率やアクセス数など、Webマーケティングの世界では数字に表われる活動があります。そのため、数字が意味する事柄について理解できるデータ分析能力が求められます。統計手法や分析の手順を知っていれば、数字を見るだけで表面的な判断をしてしまうことを避けることができます。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事